"草志会"の会員になる

草志会 【草志会とは】
草志会は1994年に、菅直人の全国規模の後援会として発足しました。

 

「草志」とは、草の根の志。つまり市民が主役の政治を実現したいという思いから名付けられものです。

発足当時の目的は、利権構造とは無縁で、なおかつ市民の目線で政治に取り組むことのできる菅直人に国政の舵を取ってもらい、「真の改革」を実現することでした。

 

今後は、3.11の収束に総理という責任ある立場で臨んだ体験を踏まえて「再生可能エネルギーの促進で、原発に頼らなくても済む日本と世界を実現する」ことをライフワークと定めた菅直人の活動を支援したいと考えます。
草志会は、その思いを共有できる方々を募集しております。

 

≫ 草志会規約

第1条(名称)
本会は草志会と称し、代表者は菅直人とします。

 

第2条(事務所)
会は事務所を東京都内に置きます。

 

第3条(支部)
本会は支部を設けることができます。

 

第4条(目的)
本会は菅直人の政治活動を支援すると共に、さまざまな社会問題の調査、研究、政策立案を行い、広く社会に提言していくことを目的とします。

 

第5条(事業)
本会の目的達成のため研究会、講演会等の開催、印刷物の発行、その他必要な事業を行います。

 

第6条(会員)
本会の会員は、前条の目的の賛同者で組織します。

 

第7条(役員)

  1. 本会に会長、幹事、会計等の役員を置きます。
  2. 本会支部には、支部役員を置きます。

 

第8条(会計)
本会の経費は、寄附金、その他の収入をもって充てます。
また、会計年度は毎年1月1日~12月31日までとします。

 

第9条(その他)
本会規約に定めない事項は役員会で定めます。

 

附 則
この規約は平成22年2月1日から実施します。

 

【草志会の活動内容】

  • 菅直人が出席するパーティー、講演会等にご案内します草志会総会(講演会&懇親会)、朝食会(報告会&勉強会)へのご案内をします。
  • 会報をお届けします草志会会報を発行(不定期刊)。
    活動状況を本人の言葉で報告します。

 

入会のご案内

定額寄付金 : 1口2万円・1口以上

 

【入会手続き方法】
まず、下記の「注意事項」を必ずご確認ください。
ご協力いただける場合、お申し込み方法は次の二種類があります。
いずれも、受け付け次第、定額寄付金納入用の振込用紙をお送りします。

  1. WEBからのお申込:お申込みフォームに必要事項を記入して、送信ボタンを押してください。
  2. FAX申込:FAX申込用紙をダウンロードして必要事項を記入し、送信してください。

≫ 注意事項 (必ずお読みください)

  1. 匿名での寄付はできません
    政党や政治家は、匿名での寄付を受けてはいけないことになっています。また、年間を通じて5万円を超える寄付をされた方は、5万1円から「氏名、住所、職業、金額」を開示することが義務付けられています。ご理解の上、ご協力いただければ幸いです。
  2. 個人献金の上限
    個人献金の上限は年間150万円です。
  3. 団体・法人名での寄付について
    政治資金規正法により、法人・団体名の寄付は、政党以外には禁じられています。詳しくは、民主党東京都第18区にお問い合わせ下さい。民主党東京都第18区 TEL:0422-55-5500
  4. 寄付金控除について
    年間2,000円を超える政治献金(寄附)をなさった方は、確定申告をすると、寄附総額から2,000円を差し引いた額が所得控除の対象となります。寄附金控除の適用をお受けになる場合は、寄附を受けた団体が作成し、選挙管理委員会の確認印を押した ≪寄附金控除のための書類≫が必要になります。
    申告される方は、ご入金時に控除書類をご請求下さい。
    ※ 控除書類の送付は、選挙管理委員会の発行時期によって、確定申告の期限(3月15日)に間に合わない場合があります。その際は、領収書で代用していただくことになりますので、領収書の保存にはお気をつけ下さい。 控除書類は、税務署に追加提出していただくことになります。
  5. 外国籍の方へ
    現行の政治資金規正法で、外国籍の方から寄付をいただくことは禁止されています。ご理解いただければ幸いです。

 

≫ FAX申込用紙をダウンロード ≪

 

お申込みフォーム