視察・講演(事務所スタッフより)

2 / 3123

東京外国語大学で講演


image

東京外国語大学(府中市)で「原発と安全保障」をテーマに講演を行いました。伊勢崎賢治先生(東京外国語大学教授 平和構築学)との対談や会場の皆さんとの質疑応答の時間もありました。会場は満席になるほどの方々が参加されていました。

グリーンピースの福島原発沖での海洋調査船に同行


s-DSC_0429
菅直人は2月21日、国際環境NGOグリーンピースが福島原発沖で実施する海洋調査を視察し助言などを行うために、同団体のキャンペーン船「虹の戦士号(3世)」に乗船。福島原発沖に向かいました。
s-DSC_0325
船は、7時半に福島県いわき市の小名浜港を出航。風を受けて進むエコな帆船でもある「虹の戦士号」。低気圧の影響で、高い波と強い北風の中を北上して、大きく傾きながらも11時頃に福島第一原発沖に到着しました。

s-IMG_1652
福島原発沖では、チャーターした調査船で海底土サンプリングし海底の撮影などを行う様子を視察する予定でしたが、波が高すぎて出港できませんでした。でも到着した時にはすっかり天候も回復して、福島第一原発が近くに見えました。
s-DSC_0445
菅は乗船している間に、ドイツ公共放送(ADR)やスペインのエル・パイン紙、共同通信社や福島民報など国内外のメディアから、5年前に首相として陣頭指揮を執った福島原発事故とその後の状況について取材を受けました。

s-DSC_0278
菅は、最悪のシナリオでは「東京を含む250km圏内から5000万もの人々が避難せざるを得ないような重大な危機」に紙一重で直面するところだったこと。そんな甚大なリスクのある原発から、未来の子供たちのために安全でコストも安い再生可能エネルギーにシフトすべきことを伝えました。s-DSC_0363
オランダのに本部があるグリーンピース。世界40カ以上の国と地域で、環境問題を解決するために活動しています。ドイツでは、専門性の高いメンバーたちが政府の委員会や脱原発を決めたメルケル首相の倫理委員会などで報告しました。
s-IMG_1653

 

 

 

ストップ伊方原発再稼働!全国集会で講演


菅直人は、11月1日(日)に愛媛県松山市の城山公園で開催された「STOP伊方原発再稼働!全国集会」に参加しました。10月26日に、愛媛県の中村知事は伊方原発の再稼働に同意することを四国電力に伝えました。

s-STOP伊方原発2015.11.1

 

このことを受けて「伊方原発をとめる会」が再稼働への抗議集会を開催。昨年、地元の阿部悦子県議のコーディネートで現地を視察した菅も要請を受けて、集会で講演しました。集会には、全国各地から伊方原発の再稼働に反対する団体のリーダーが集結。

伊方原発P1120394

鎌田慧さん(原発さようなら1000万人アクション)、長瀬文雄さん(原発をなくす全国連絡会)。ミサオ・レッドウルフさん(首都圏反原発連合)、柳田真(再稼働阻止全国ネットワーク)らが参加。また、福島原発事故から活動を続ける原発ジャーナリストのおしどりマコ・ケンさんがトークライブを行いました。

 

伊方原発sdsc03678

福島から避難した方や農民連事務局長、伊方原発運転差止訴訟弁護団、南予連絡会の皆さんもスピーチされました。政党からは吉田忠智さん(社民党)、笠井亮さん(共産党)、菅直人(民主党)が参加しました。菅は、8 月に再稼働された川内原発の再稼働に反対する鹿児島での全国集会にも参加しました。

 

ec_151101_matsuyama_kanhirose_704

 

この集会の後に行われた作家・広瀬隆さんとの対談で、菅は「30 キロ圏全市町の了解なしでは再稼働条件は満たされない」と述べました。以下は、地元の愛媛新聞(11月2日)に掲載された記事です。

s-2015.11.2愛媛新聞 松山全国集会 4000人再稼動ノー (2)

 

 

【IWJ】2015/11/01
対談 菅直人元総理×広瀬隆氏(動画)
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/273102

大学合同ゼミ合宿で講演


神戸学院大学・東洋大学・長崎県立大学の合同ゼミ合宿で原発について講演しました。

 

D7C6382s

 

DSC9104s DSC9224s

岡山で講演


東工大の同窓会である蔵前工業会岡山県支部で「福島原発事故の真実」について講演しました。

 

15091208

 

15091210

 

15091223

緊急講演会第3弾「安保法制と原発再稼働」を開催


s-DSC_0082

菅直人事務所は、「安保法制に対する緊急アクション」第3弾として講演会を小金井市で9月7日(月)に開催しました。テーマは「安保法制と原発再稼働」です。元陸上自衛隊レンジャー隊員の井筒高雄さんと菅直人による講演会を開催しました。

 

s-DSC_0035

井筒さんからは、過酷なレンジャー隊員としての経験から「戦争法案」と言われる安倍政権による安保法案の問題点や、自衛隊の現状をわかり易く

解説いただきました。

 

s-DSC_0055

菅からは、安保法制に関する国会情勢の報告や、8月11日に再稼働を強行された川内原発の現地で見てきたことや、今後の自然エネルギーの可能性

などについてご報告しました。

 

s-DSC_0042

会場には、ある椅子をすべて並べてなんとか足りるぐらいの120人もの皆さんにお越しいただきました。講演後の質疑応答でも、多くの質問が

出されて、安保法制に対する参加者の皆さんの切迫した関心の高さを改めて感じました。

 

s-DSC_0077

—-

【IWJ映像】緊急講演会第3弾 STOP!安保法制と原発再稼動
~ここにも問題あり!~

☆本日の講演会はIWJでネット中継もされました
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/261906

 

講演「自衛官としての安保法制」

井筒高雄 氏(元陸上自衛隊レンジャー隊員)
元陸上自衛隊第31普通科連隊勤務。依願退職後、ピースボートスタッフ を経て

兵庫県加古川市議会議員に。

現在は講演活動を行う一方、国会前 でも「集団的自衛権行使で困るのは自衛官

と若者」と訴えている。

 

報告「再稼動の問題点」菅直人(衆議院議員)
再稼働強行は、原災法違反。 安倍内閣は日本を滅ぼしかねない「亡国政権」だ。

■日 時:9月7日(月)19時~21時
■場 所:小金井市商工会館大会議室
JR中央線武蔵小金井駅徒歩5分/小金井市前原町3-33-25
■参加費:無料
■主 催:菅直人事務所

安保法制(井筒さん表)image-0001 安保法制(井筒さん裏)image-0002

 

 

 

 

安保法案に反対する学生と学者の国会請願を受ける


安全保障関連法案に反対する学生と学者らが共同で国会請願を行いました。

これは、自由と民主主義のための学生緊急行動(SEALDs)の学生たちと、安全 保障関連法案に反対する学者の会のメンバーらの呼びかけたもので、「学生と学者の垣根を越えて、大学で学問を学び合う者同士、 手をとり合い、この安保法制に反対する声をあげる」ことが目的でした。

 

0731①

 

0731②

 

菅直人も岡田克也代表、枝野幸男幹事長ら民主党幹部を含む民主党、共産党、社民党の国会議員らとともに衆院議員面会所前に駆け付け、デモ参加者に手を振って応えました。

 

0731③

 

s0694

 

自由と民主主義のための学生緊急行動(SEALDs)http://www.sealds.com/

安全保障関連法案に反対する学者の会http://anti-security-related-bill.jp/

鹿児島県南大隅町で「福島原発事故の真実」講演


DSC_0653

菅直人は、「南大隅の自然を守る会(代表:肥後隆志)」の依頼を受けて、5月16日に鹿児島県南大隅町の文化ホールで「福島原発事故の真実」について講演しました。今回の講演会は、南大隅町の皆様に総理大臣として福島原発事故の陣頭指揮にあたった菅の経験を直接伝えてもらいたいという趣旨で催されました。

 

s-DSC_0745

菅は、当時を振り返って最悪のシナリオでは東京を含む250キロ圏内の5000万人が長期間にわたって避難しないといけないような甚大な事故になる可能性があったことなどを伝えました。南大隅町は大隅半島の南端に位置し、風光明媚で温暖な地域で年間を通じて様々な農産物が栽培できる恵まれた場所にあります。

 

s-DSC_0666

その一方で、南大隅町は高齢化県内一の町であり町民所得はほぼ県内最下位で、基幹産業もなくこれまで経済の多くを公共事業に依存してきたそうです。「守る会」によれば、鹿児島県の大隅半島は日本の食糧基地という位置づけで地域振興を図って然るべきなのに首長が核関連施設の誘致に動いたこともあるそうです。そして南大隅の住民の多くは、今でも福島原発事故を対岸の火事と思っているといいます。

 

s-DSC_0676

菅は約300人の参加者に対して福島原発事故の被害の深刻さを伝え、自然エネルギーへの転換を訴えました。講演後には、参加者の皆さんから熱心な多くの質問がありました。脱原発を表明することで、職場などで隠然たる圧力を受けることがあると話してくれた参加者からは、菅の率直な想いを伝えた講演を聞いて勇気づけられたと言っていただきました。

 

s-DSC_0713

朝日新聞によれば、南大隅町では2007年に原発の使用済み核燃料の再処理で出る高レベル放射性廃棄物の最終処分場を誘致する話が浮上しました。2013年には、TBSの報道などにより、当時の町長が核廃棄物の処分場誘致を第3者に委任したことが問題化しました。

 

s-DSC_0765

菅は会場からの委任状問題に関する質問を受けて、町民にとって重要なことを勝手に委任するようなことは民主主義の根本に関わると答えました。講演の翌日、菅は「守る会」の皆さんに案内してもらい、核廃棄物の処分場予定地とされた地区を視察しました。

 

s-DSC_0811

 

 

【朝日新聞】2015年5月17日
鹿児島)菅元首相、「脱原発」訴える 南大隅で講演
http://www.asahi.com/articles/ASH5J5V6DH5JTLTB00N.html

 

フランス・イギリスでの「福島原発事故4周年」講演


DSC_0003

菅直人は、ゴルバチョフ元ソ連大統領が創設した国際環境NGO「グリーンクロス・インターナショナル(GCI)」主催の国際会議、「福島原発事故から4年。その経験に何を学ぶか?(フランス・ウェールズ:2/24-2/26)」に招聘されてパリ・カーディフ・アングルシーの3都市で講演を行いました。欧州の政治家や専門家は、首相として福島原発事故対応の陣頭指揮を執った菅の経験について高い関心を持っています。会議の目的は、英仏の国会議員・地方議員や専門家たちに福島原発事故がもたらした影響とその4年後の状況を知ってもらい、欧州の脱原発と自然エネルギーの普及について考えてもらうことでした。

 

s-DSC_0959

フランスのパリで2/24に開催された国際会議「福島原発事故から4年‐その経験に学ぶこと-福島原発事故から学ぶこととエネルギートランジション」には国会議員や欧州議会議員、各分野の専門家やNGO関係者、政府関係者に加えて原子力企業の関係者も参加。菅は、基調講演で福島原発事故の際に、最悪のシナリオとして250キロ圏内から5千万人の避難の可能性が専門家から提示されたことなどを伝えました。日本からは福島県富岡町から避難している青木淑子さん。環境エネルギー政策研究所所長の飯田哲也さんも参加。事故から4年が経っても、まだ12万人が避難生活を強いられて福島に帰れない状況や、日本で急速に伸びている太陽光発電など再生可能エネルギーの現状が報告されました。

 

s-DSC_0969

フランスからは、環境法の弁護士で元欧州議会議員(緑の党)のサンドリナ・ベリンさん。アメリカから公衆衛生の専門家で南カリフォルニア大学教授のジョナサン・サメットさん。フランス原子力情報室のイヴ・マリナックさんらが最新の状況を報告。原発大国のフランスでも、どこまで原発を減らすかが大きな議論になっています。会議には脱原発派だけでなく、元アレヴァ社の幹部で原子力エネルギー公社の事務局長や原子力の必要性を長年力説してきた大物政治家など原発推進派の論客も参戦。地球温暖化対策を理由に原発を擁護していました。

 

s-DSC_0062

観客席からは、2012年に来日した緑の党の国会議員ドゥニ・ボパーンさんと脱原発と自然エネルギーと子供たちの映画『自由!』(菅のインタビューも採録)を3/11にパリで公開したばかりの監督ジャンポール・ジョーさんが脱原発と自然エネルギーの推進について熱く発言!会場は熱気に包まれて大成功に終わりました。今回はメディアの報道を含めて反響が大きかったようで、主催者のグリーンクロス・フランス事務局長ニコライ・インバートさんが「この会議はフランスの脱原発運動にとって歴史的な出来事だ」と言ってくれました。

 

s-DSC_0287

イギリスのウェールズでは、地元の脱原発団体(PAWB:ウィルファBに反対する人々)のコーディネートで首都のカーディフと北端のアングルシー島を訪問。アングルシー島には、年内で廃炉になる沸騰水型の「ウィルファ原発」を運営する電力会社のホライズン原子力社があります。この会社を原発メーカーである日立製作所が買収して、リプレイスのための原発を建設する計画があるのです。カーディフでは、菅はウェールズ議会議員や専門家たちに向けて講演しました。

 

s-DSC_0418

アングルシーでは市議会やコミュニティーセンターで講演しました。市議会での講演には、全員の市議会議員の他に原発推進のコンサルタントも出席。原発の建設が行われることで地元に大きな雇用が生まれるなどの経済的メリットや新しい原発の安全性について強調していました。また、日立が原発周囲の農場を巨額の資金によりかなりの高額で買収を進めていることもわかりました。その後に、この土地で300年以上酪農を営み「先祖伝来の農地を次世代に渡したい」と農地買収を拒否している農家、リチャード・ジョーンさん一家を訪問しました。

 

s-DSC_0344

皆さんの話を聞いた菅は、講演やインタビューで以下のことを話しました。日立の原発の安全性をイギリス政府が正式に認めたのかはっきりしないこと。日本では福島原発事故の検証が終わっておらず全ての原発が停止していること。そして、日立が建設した福島原発の数基はウィルファ原発と同じ沸騰水型でその事故検証がまだ終わっていないこと。日本の原子力規制委員会が安全と確認していないのに、外国で原発を建設することは倫理にも反すること。そして日本国内でも反対していることを述べました。菅の訪問は歓迎されて、多くの大手メディアで報道されました。

 

s-DSC_0320

 

※「グリーンクロス・インターナショナル(GCI)」はミハイル・ゴルバチョフ会長(元ソ連大統領)により1983年に設立された国際環境NGOです。スイスのジュネーブに本部を置き、世界30カ国以上に支部を持ち地球的な規模の環境問題、貧困、安全保障などへの対応やチェルノブイリ事故による汚染地域住民の社会、医療サポートや教育プログラムを実施してきました。

 

s-DSC_0305

 

 

【共同通信】2015年2月25日
菅元首相、脱原発の持論展開 パリで講演、安倍首相批判
http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015022501000930.html

【Vimeo】2015年2月25日(※日本語の講演映像)

Fukushima – conférence Green Cross du 24 février 2015

https://vimeo.com/122089945

【ディリープレス】2015年2月26日(※日本語のインタビュー映像)
Japanese PM says nuclear plant will be ‘a disaster’ for Anglesey
http://www.dailypost.co.uk/news/north-wales-news/watch-former-japanese-pm-says-8727958

【BBC】2015年2月26日(※日本語のインタビュー映像)
Ex-Japan PM’s and anti-Wylfa campaigners at Anglesey visit
http://www.bbc.com/news/uk-wales-north-west-wales-31643159

 

2 / 3123

視察・講演 トップに戻る