意見交換・集会(事務所スタッフより)

2 / 1012345...10...最後 »

韓国棋友会会長表敬訪問


dsc_0007

韓国棋友会会長の元裕哲(ウォン・ユチョル)国会議員の表敬訪問を囲碁議連所属の超党派国会議員で受けました。

公共事業チェック議員の会に出席


img_2885

 

国会内で行われた超党派の国会議員連盟「公共事業チェック議員の会」の総会に参加しました。

会合には、各省から多くの担当官が説明に集まり、各党の国会議員が、3兆円もの財政投融資が行われるリニア新幹線、オリンピック施設や豊洲市場といった問題を鋭く追求して行きました。

親子で学ぶ!「総理大臣はどんな仕事をしているの?」勉強会@府中市


image

9月10日(土)午後、ルミエール府中(府中市)にて小学生と保護者の方対象の「親子で学ぶ!総理大臣はどんな仕事をしているの? 」勉強会が開催されました。

テレビや新聞でみる日本の内閣総理大臣が具体的にどういう仕事をしているのかを総理経験者の菅が写真パネルを使ったり体験談を交えて説明をしていきました。

 

どんな質問にも答える質疑応答コーナーでは、参加した小学生から「悪い政治家は何故捕まらないの?」、「国会議員になろうと思ったきっかけは?」等たくさんの鋭い質問が出ました。

勉強会終了後、講師を務めた菅は事務所スタッフにホッとした表情で一言「わかりやすく説明できたかなぁ、国会審議並みに緊張したなぁ」。

未来の有権者と触れ合い、意見交換することもまた政治家の大切な仕事だと改めて実感したひと時でした。

 

 

東京税理士政治連盟の要望を受ける


s-DSC_0673

9月5日、東京税理士政治連盟から消費税率複数税率、マイナンバー、中小企業税制などの要望を受け取りました。

ドイツ連邦議会副議長(緑の党)クラウディア・ロートさんが訪問


s-DSC_0694

 

都知事選の投開票日の7月31日。ドイツ連邦議会副議長のクラウディア・ロートさんが議員会館に菅を訪問されました。ドイツ緑の党のリーダーとして共同代表を長く務めたロートさんは、明るくバイタリティーに溢れる人柄です。今回は、福島で開催された原水禁世界大会に参加するために来日されました。

 

s-DSC_0682

 

ロートさんは、人類史上最も深刻度の高い(レベル7)福島原発事故が起きた日本で「なぜ環境に優しく豊富に供給される自然エネルギーに転換しないのか?」「福島のお母さんたちが食品の安全について心配しているが大丈夫か?」「さらに原発の再稼働が進むのか?」など菅を質問攻めにしていました。

 

s-DSC_0690

 

菅は、日本の脱原発勢力が再稼働阻止のために健闘していることを説明。この3月に「稼働している高浜原発を裁判の仮処分で止めたケース」や7月の鹿児島県知事選で「安全確認のために唯一稼働中の川内原発の停止を公約にした三反園知事が当選したこと」などの例を紹介しました。

国政報告会&意見交換会@東小金井


 image

 

6月11日(土)、東小金井駅開設記念会館(マロンホール)にて国政報告会&意見交換会を開催しました。

経済政策、安倍政権が考えている憲法改正問題、日本のエネルギー問題等について報告しました。

 

 

 

 

秋山ちえ子さん お別れの会に参加


6月6日、日比谷公園の松本楼で行われた秋山ちえ子さん お別れの会に参加しました。

秋山さんは、菅直人が新人議員の頃から推薦人になって下さるなど応援して下さり、たいへんお世話になった方です。

1957年から2005年まで48年間、TBSラジオ「秋山ちえ子の談話室」のパーソナリティをつとめ、日本の女性ジャーナリストの草分けてしても活躍された存在でした。

常に弱い人の立場に立ち、平和への思いを貫かれた存在でした。秋山さんは、今年4月にご自宅にて99歳でご逝去されました。

慎んで、秋山ちえ子さんのご冥福をお祈りいたします。

 

秋山ちえ子さんへの献花

秋山ちえ子さんへの献花

『衆議院東京18区で統一候補を実現する円卓会議』に参加


s-DSC_0728

 

菅直人は、5月30日に小金井市の宮地楽器ホールで開催された『衆議院東京18区(武蔵野・府中・小金井)で統一候補を実現する円卓会議』に参加しました。会議には、野党共闘を進める共産党の立候補予定者である森戸洋子さんも参加しました。主催は「こがねい市民連合」の皆さんです。
http://unite-koganei.strikingly.com/

s-DSC_0741

6月1日の国会会期末の直前で、「参議院選挙との同日選挙になるのか?」と緊迫する政治情勢のなかでしたが、衆議院が解散された場合にも対応できるように野党共闘を進めて統一候補を実現することを目指して、それぞれの立場から意見を出し合いました。

s-DSC_0682

パネラーには18区の民進党、共産党、社民党、生活者ネットワークの市議会議員の皆さん。市民自治こがねい、情報公開こがねい、こがねい市民会議など市民団体の関係者の皆さんが登壇されました。定員150人の会場は参加者でほぼいっぱいに。パネラーだけでなく、参加者からも活発な質問が寄せられて会場は熱気に包まれました。

s-DSC_0676

18歳以上の若者も、国政選挙に初めて参加するこの夏の選挙。共同代表で、SEALDsメンバーでもある大学生の加藤友志君は「こがねい市民連合は、政党の接着剤や潤滑油になるだけでなく、主権者である市民の手に政治を取り戻すために活動している」こと。そして「わたしたちの望むこと」として、7つの政策を掲げていることを説明しました。ふたりの立候補予定者は、7つの政策に賛成することを表明し、自分がこだわる政策についても説明しました。

s-DSC_0761

最後に菅は、18区での市民連合と政党による統一候補の擁立に向けた活動が、(衆議院選挙における)全国での野党共闘のモデルになることを期待していること。そして、自分も精一杯前向きに行動していきたいと述べました。参加者の皆さんは、来たるべき衆議院選挙で「統一候補の勝利に向けて全力を尽くす」という決議を採択して会議を終えました。

s-DSC_0782

-私たちが望むこと(こがねい市民連合)-
1.憲法違反の安全保障関連法を廃止し、立憲主義を回復させる
2.基本的人権と平和主義をゆるがす「自民党憲法改正草案」の実現を阻止する
3.ひとり親、ワーキングプア、若者、高齢者の不安がないよう 、貧困の連鎖と格差をなくす
4.「保育園落ちた!」をなくすなど、子育て・子育ち政策を充実させる
5.政権の都合で放送電波を止めさせないなど、言論・報道・表現の自由を保障する
6.沖縄の民意を踏みにじる辺野古新基地建設をやめさせる
7.脱原発社会を早期に実現するとともに、再生可能(自然)エネルギーを広げる

 

鈴木しげお小金井市議会議員の集会に参加


image

 

小金井市前原町の集会場で行われた鈴木しげお市議会議員の地域集会に参加。

鈴木市議の市政報告の後、国政報告(サミット、国内経済状況&民進党の経済政策、子育てをはじめとする福祉政策、参院選での野党の動き、エネルギー政策他)をさせていただきました。

質疑応答では、原発について、CoCoバスについて、最近のマスコミ報道について、小金井市議会について等、国政や市政について参加者の方から多くのご質問やご意見がありました。

「戦争法の廃止を求める2000万人統一署名」提出集会に出席


DSC_0053

 

5月19日、「戦争法の廃止を求める2000万人統一署名」提出集会に出席し、署名を受け取りました。

 

 

2 / 1012345...10...最後 »

意見交換・集会 トップに戻る