メディア(事務所スタッフより)

3 / 41234

爆笑問題が司会の「日本のダイモンダイ」に生出演。


爆笑問題が司会のフジテレビ「日本のダイモンダイ」に菅が生出演しました。視聴者参加型の番組でゴールデンタイムの生放送ながら、バラエティ番組らしいお笑いネタ以外にも、安保法制やマイナンバー、オリンピック問題などの社会的なテーマ(日本が抱える大問題)でも盛り上がりました。

s-IMG_1325

 

『憲法9条を世界遺産に』という共著もある爆笑問題の太田光さん。菅は総理時代にも太田さんの番組に出演しています。視聴者参加型の3時間もの生放送をノリとパワーで引っ張る太田さんと田中さん。菅には、ベテランの政治家にしか答えられない質問が振られていました。

s-IMG_1326

 

驚いたことに「安保法制」に関する質問では、菅やSEALDsの諏訪原健さんはもちろんですが、若手俳優の松坂桃李さんとHKT48の指原莉乃さん。ハライチの澤部さんも「廃止すべき」と解答!そして司会の太田さんも「私は護憲です」。

日本のダイモンダイ(ゲストが戦争法に反対!)

 

菅が出演することは、新聞の番組欄でも(元総理大臣としか)公開はされていませんでした。しかもたくさんの質問に対して多くのゲストが回答するので、本人が映る時間は短いものでした。でも、やはりテレビの影響は大きく「番組を見た」という反響が多く寄せられました。

s-IMG_1323

 

 

【フジテレビ】2015年11月8日

『日本のダイモンダイー日本人の本音が判明!』

http://www.fujitv.co.jp/daimondai/index.html

 

安倍首相の名誉棄損訴訟判決に関する記者会見


菅直人による安倍首相の名誉棄損訴訟の判決が出ました。福島原発事故の対応をめぐる安倍首相のメールマガジンの記事で名誉を毀損されたとして、謝罪記事の掲載と賠償を求めた訴訟の判決でしたが、東京地裁は菅の請求を棄却しました。

s-DSC_0025

 

この件に関して、担当の喜田村弁護士と菅は衆議院第一議員会館で記者会見を開催。この判決には、「重大な事実誤認があり承服できないため控訴する」ことを報告しました。菅は、2013年7月16日に安倍首相を名誉棄損で訴えました。

安倍裁判ネットabebrog1

 

2011年5月20日のメールマガジンで安倍首相が「菅総理が海水注入を指示したというのはでっちあげ。始まった海水注入を止めたのは菅総理その人だった」との記事を掲載。この虚偽内容のメルマガが出された翌日の21日に、読売新聞が一面トップでその情報を流して国会での追及が始まりました。

s-安倍裁判「読売新聞」

 

そして、6月2日に菅内閣不信任案が自民党から提出されました。しかし、朝日新聞は5月27日の一面トップで「海水注入 実は継続 所長独断 報告せず」と大きく報じました。つまり、海水注入が中断された事実はなかったのです。

s-安倍裁判「朝日新聞」

それなのに永谷典雄裁判長は「記事の重要な部分は真実と認められる」と判決。これに対して菅は、「最も重要な事実である海水注入が中断していなかったことを認めながら、重要な点において真実であるというのは明らかに事実誤認。判決には承服できない」と控訴したことを報告しました。

s-DSC_0012

 

 

【IWJ】2015年12月3日(動画)
菅直人元内閣総理大臣による安倍総理の
名誉棄損訴訟判決に関する記者会見(-質疑応答部分-)
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/277408

 

 

『総理とお遍路』(角川新書)出版!


菅直人は2004年7月から「歩きお遍路」を始め、政権交代・総理大
臣就任をはさんで、2013年9月に四国八十八カ所の霊場をまわり終え
ました。約1,100kmを歩いた経験は「人生の宝」になったと菅直人は
語っています。

このたび、その旅をまとめた本を出版しました。同時並行で政治
家としての政権交代、総理就任、震災、原発事故を回想しています。
 ぜひご一読ください。

dce15a7cf6c6c912debe981fafd9084e
発売日:10月10日(土)
定価:820円+消費税
新書判
ISBN 978-4-04-082016-3-C0295
角川マガジンズ

BSスカパー「ニュースザップ」に出演


BSスカパー「ニュースザップ」に出演しました。

150824

菅に関するスタンフォード大学ニュースの記事


●米国スタンフォード大学のニュースに「日本の政治的リーダーシップが福島・大災害を最悪のケースから救うのを助けた」という見出しの記事が掲載されました

 

以下、英文記事の全文を転載します。

——————————————————–

Stanford Report, June 25, 2014

 

Japan’s political leadership helped save country from worst-case Fukushima disaster, Stanford researcher says

 

Research associate Kenji Kushida argues that Japan’s top political leadership during the 2011 Fukushima nuclear crisis actually handled the situation more effectively than originally thought. Otherwise, the incident could have been much worse due to Japan’s long-existing lack of emergency preparation.

 

By Clifton B. Parker

 

Former Japanese Prime Minister Naoto Kan, shown in 2012, did a better job than is often thought in dealing with the Fukushima Daiichi nuclear crisis, according to Stanford research associate Kenji Kushida. (Koji Sasahara/AP)

Former Japanese Prime Minister Naoto Kan, shown in 2012, did a better job than is often thought in dealing with the Fukushima Daiichi nuclear crisis, according to Stanford research associate Kenji Kushida. (Koji Sasahara/AP)

Faced with an unprecedented disaster in postwar Japan, then-Prime Minister Naoto Kan and his Democratic Party of Japan government handled the Fukushima Daiichi nuclear disaster better than originally perceived, according to new Stanford research.

 

It could have been far worse.

 

That’s the conclusion of research associate Kenji Kushida of Stanford’s Walter H. Shorenstein Asia-Pacific Research Center. He wrote in the journal Japanese Political Economy that Kan’s party had to overcome bureaucratic problems and a lack of emergency planning, both of which they inherited after winning a landslide victory in 2009. The Fukushima nuclear crisis in March 2011 occurred when the plant was hit by a tsunami that resulted from a 9.0 earthquake off the coast of Tohoku, Japan, which claimed more than 15,000 lives.

 

 

 

Three of the plant’s six nuclear reactors melted down and more than 300,000 people were evacuated. At the time, the Democratic Party of Japan and TEPCO, the private company that operated the power plant, were criticized for their responses.

 

“Japan’s political leadership, and particularly Prime Minister Kan, has been blamed widely for worsening the crisis as the nuclear disaster unfolded,” Kushida said. “However, an objective analysis of events as they transpired suggests that the political leadership, newly in power after over 50 years of virtually uninterrupted rule by its opposition, had inherited a very difficult situation, with vested interests, lack of emergency planning and insufficient bureaucratic capacity.”

 

 

Kushida examined reports by Japanese government commissions, independent committees, a private investigation, TEPCO, the International Atomic Energy Agency and the U.S. Nuclear Regulatory Commission, among others. He also conducted interviews with key observers.

 

‘Saved Japan’

 

Based on his research, Kushida said he believes that Japan’s political leadership reined in a disaster that could have spiraled out of control on a far larger scale.

 

“Rather, Prime Minister Kan, often accused of excessive micro-management and a  counterproductive management style, was actually responsible for a government stance and concrete actions that, in some sense, saved Japan from a far worse disaster,” he said.

 

In the article, Kushida said it was difficult for the general public, inside and outside Japan, to gauge how Japan’s government was responding. “In the media confusion surrounding the nuclear accident, and subsequent politicized debates over the Tohoku disaster, the (Japanese) general public was left largely confused,” he wrote.

 

Critiques focused on delays in declaring the emergency and evacuations, chaotic press conferences, micro-management and a slow response to hydrogen explosions at the plant.

 

But Kan, Kushida wrote, understood the broad risk to Japan if the Fukushima crisis got even worse. So he wrested control of the situation from TEPCO and the bureaucracy. Japan does not have martial law.

 

“Kan played a critical role in shifting the government’s nuclear response into emergency mode,” which allowed, for example, sustained water-cooling of the hot reactors, according to Kushida.

 

“Kushida noted that the Democratic Party of Japan ran its 2009 election campaign on “seizing power from the bureaucracies” – giving rise to the criticism during the Fukushima event that it lacked the ability to coordinate such expertise in emergency situations.

 

The DPJ’s inexperience governing the country was clearly manifested in policy paralysis during its early days in power, suggesting that the party might not have the capacity to deal with Japan’s largest postwar natural disaster and nuclear accident,” Kushida wrote.

 

On the other hand, he added, the DPJ inherited a government and nuclear industry structure from the Liberal Democratic Party, which had enjoyed virtually uninterrupted power in Japan from 1955 until 2009. It was the LDP, not the DPJ, that had created the policies, units and procedures that were called upon in the Fukushima disaster.

 

Kushida found that Japan’s existing government structures were not up to the challenge of dealing with Fukushima – no matter which political party was in power.

 

“Existing procedures and organizations were drastically inadequate for planning and executing an evacuation, and the government suffered shortcomings in information gathering, expertise, and on-the-ground response during the crisis,” he wrote.

 

Kushida said that Kan’s leadership was “beneficial in that he took control of a situation in which the locus of responsibility became ambiguous during the crisis and he solved several serious information and coordination problems.”

 

As for blaming Kan’s style, Kushida said that strong leadership was precisely what Japan needed at the time: “He did not measurably worsen the crisis, although his relatively abrasive leadership style (for Japanese norms or expectations, at least) alienated many with whom he worked.”

 

Kushida said that much of the “blame-game” after the crisis was a result of the Liberal Democratic Party using Fukushima against the Democratic Party of Japan for electoral gain. In 2012, the LDP regained power based on this strategy.

 

American perspective

 

The lessons of Fukushima apply to America’s nuclear industry and political leadership as well, Kushida said.

 

“The U.S. Nuclear Regulatory Commission is more independent from industry than Japan’s regulators at the time, but the American political leadership needs to continue applying sustained pressure and attention to ensure that it remains as neutral and objective as possible,” he said in an interview.

 

Kushida suggested that America’s political leadership should diligently examine the repeated extensions of the maximum lifespan of nuclear power plants, the increased risk of nuclear power plant inundation due to climate change, and the need for contingency plans when cascading events overwhelm nuclear plant operators.

 

He also pointed to the importance of input from outside the established nuclear engineering community on key issues.

 

Kushida, who grew up in Tokyo, describes himself as “very deeply attached to Japan.” When the 2011 disaster hit, he was in the United States attending graduate school – and felt helpless.

 

“I desperately wanted to do something to help, and over time it became clear that my potential contribution with the greatest impact would be an objective analysis,” he said.

 

Kushida’s initial research grew out of a conference report that he wrote for Shorenstein APARC director Gi-Wook Shin.

 

Today, Japan’s 48 nuclear reactors all remain offline for safety checks. Now in power, the Liberal Democratic Party plans to have them reactivated once the Nuclear Regulation Agency confirms their compliance with the new safety standards introduced after the Fukushima nuclear crisis. Prior to the earthquake and tsunami of 2011, Japan had generated 30 percent of its electrical power from nuclear reactors.

 

Media Contact

Kenji Kushida, Walter H. Shorenstein Asia-Pacific Research Center: (510) 224-4197

Clifton B. Parker, Stanford News Service: (650) 725-0224, cbparker@stanford.edu

 

 

 

 

『デモクラTV』に出演


●インターネットTVの『デモクラTV』に出演しました

 

毎週土曜日の午前11時~午後1時に生放送されているインターネットTVの「『デモクラTV』本会議」の第1部「菅元総理に原発問題を聞く」に生出演しました。

当日は、予定していた第1部だけでなく、第2部の「集団的自衛権 閣議決定へ」へも飛び入りで出演させていただきました。

 

原発問題について語る菅直人

原発問題について語る菅直人

 

当時の放送はデモクラTVのアーカイブよりご覧になれます。
詳しくは、リンク先のページをご覧ください。(視聴には登録が必要です。)
https://dmcr.tv/mypage/kaigi.php

TBSラジオ『荒川強啓 デイ・キャッチ』に出演


●TBSラジオ『荒川強啓 デイ・キャッチ』に出演しました

 

毎週月曜~金曜の午後3時半~午後5時に渡って生放送されいいる「TBSラジオ『荒川強啓 デイ・キャッチ』」に生出演し約20分間、福島第一原発事故が発生した時の対応や状況、朝日新聞で取り上げられた「吉田調書」のなどについて語りました。

 

ラジオ出演風景

ラジオ出演風景

荒川強啓氏(写真左)と菅直人

荒川強啓氏(写真左)と菅直人

 

 

ジャンポール・ジョー監督の作品に出演


●フランス映画『自由!』の撮影を受けました

 

ジャンポール・ジョーさんが監督する子供たちと再生可能エネルギーをテーマにしたフランス映画『自由!』への出演依頼をうけ「新宿の森の中の一軒家『ラ・ケヤキ』」にてインタビュー取材を受けました。

 

インタビュー取材風景

インタビュー取材風景

撮影するジャンポール監督(写真左)

撮影するジャンポール監督(写真左)

インタビューをして頂いたエルヴェ・ケンプ氏と菅直人

インタビューをして頂いたエルヴェ・ケンプ氏と菅直人

 

 

「SOLAR JOURNAL」で特集されました


●『エコカンハウス』が「SOLAR JOURNAL」に載りました

 

4月11日に自宅(通称:エコカンハウス)で取材を受けた(取材の様子はコチラをご覧ください→『4月11日の活動』)、『SOLAR JOURNAL vol.09 2014年5月号(4月30日発売)』の特集にエコ住宅に住んでみての感想や、3月に行ったのヨーロッパ視察などについてインタビューが、掲載されましたのでぜひご覧ください。

 

詳しい目次や購入方法などについては、ソーラージャーナルのホームページをご覧ください。

http://www.solarjournal.jp/12416/ma09/

 

 

 

 

 

近代麻雀取材・直撃!ニッポン塾・立憲フォーラム


●近代麻雀の取材を受けました

 

麻雀漫画誌「近代麻雀」から菅直人が昔、発明した麻雀の点数計算器「ジャンタック」について取材を受けました。

 

ジャンタックについて説明する菅直人

ジャンタックについて説明する菅直人

 

●「篠原文也の直撃! ニッポン塾」にて講演をしました

 

日経新聞の記者やテレビ東京の解説委員を務めた政治解説者の篠原文也さんが主宰する「篠原文也の直撃! ニッポン塾」にお招きを受け講演をおこない、篠原さんとのトークや会場からの質問に答えました。

 

講演する菅直人

講演する菅直人

篠原さん(写真右)とトーク

篠原さん(写真右)とトーク

 

●立憲フォーラムの院内集会に参加

 

菅も顧問を務める『立憲フォーラム』(「憲法第96条を先行改憲しよう」という主張が急速に広がったことに危機感を持った国会議員が結成した超党派の議員連盟)の院内集会に出席し、集団的自衛権について民主党の北澤俊美参議院議員(元防衛大臣)や柳澤協二さん(元内閣官房副長官補・元防衛庁官房長)の話を聞きました。

 

立憲フォーラムにて話を聞く(演台は柳澤協二さん)

立憲フォーラムにて話を聞く(演台は柳澤協二さん)

 

立憲フォーラムの集会について本人がブログに書いています。

『北沢元防衛大臣』→ http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11832156149.htm

3 / 41234

メディア トップに戻る