海外(事務所スタッフより)

2 / 41234

ドイツ日本研究所で講演


ドイツ日本研究所で「福島原発事故の真実」について講演しました。

 

s-DSC_0001

 

s-DSC_0020

 

s-DSC_0031

アジアンリーダーシップ会議(ALC)@韓国で講演


朝鮮日報(VIP席)2015052000210_0

5月19日~20日に韓国のソウル(新羅ホテル)で「第6回アジアンリーダーシップコンファレンス(ALC)」(主催:朝鮮日報社)が開催されました。ALCは世界各国の政界、学会、官界、産業界から地域の壁を越えて、世界のリーダーたちの知恵と経験を一同に集めて、世界平和と人類の持続的繁栄のため人的交流と提案をアジアから発信していくために2005年に始まった会議です。菅直人は、元総理大臣として招聘されて19日に参加しました。

http://www.alcchosun.com/

 

s-朝鮮日報ALC開会式(大統領)

今年のALCは、終戦70周年(国連創立70周年)および日韓国交樹立50周年を記念して「東北アジアの平和と繁栄ー私たちの人生を変える新たな力」がテーマ。アジアをはじめ世界の平和と繁栄に貢献することが目標です。菅は、初日の開会式に続く最初のセッション「終戦70周年、平和と繁栄のリーダーシップ」でスピーチしました。日本からは、これまでに福田元総理や鳩山元総理も参加しています。戦後70年の節目の今年は、最終日の20日に「村山談話」の村山元総理も参加して、スピーチされました。
 

s-朝鮮日報VIP写真

スピーカーは、主要メンバーだけでも韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領、潘基文(パン・ギムン)国連事務総長、インド首相のナレンドラ・モディ氏。元中国国務委員の唐家セン氏、元アメリカ国防長官のチャック・ヘーゲル氏、元ドイツ大統領のホルスト・ケーラー氏、元タイ首相のタクシン・チナワット氏、カタール王妃のシェイカ・モーザ氏、アリババ社創業者のジャック・マー氏、コロンビア大学地球研究所所長のジェフリー・サックス氏などと豪華メンバーでした。

http://www.alcchosun.com/?c=user&mcd=2015en_sub03_02

 

s-DSC_0955

菅は、各国の元首や首脳外交の経験者たちによる政治·外交安保分野のセッション「終戦70周年、平和と繁栄のリーダーシップ」のパネリストとして講演しました。2010 年に菅内閣は、日韓併合 100 年に当たり痛切な反省と心からのお詫びを表明する「菅談話」を閣議決定。日本政府が保管していた『朝鮮王朝儀軌』等の貴重な図書を引き渡しました。菅は、戦後70周年に閣議決定される総理談話は菅談話や村山談話を踏襲したものであるべきだと述べました。(※菅談話:内閣総理大臣談話 2010年8月10日)

http://www.kantei.go.jp/jp/kan/statement/201008/10danwa.html
 

s-DSC_0936

そして首相として福島原発事故の対応に陣頭指揮を執った経験から、「アジアにおける原発の存在はアジアの持続的繁栄にとって大きなリスクである」こと。また、「原発事故のリスクの大きさは戦争に匹敵する」ことなどを強調しました。今後は、日中韓を中心にアジアで太陽·風力などの自然エネルギーを使うシステムに変えていくよう国際的に協力する必要があること。脱原発の実現と自然エネルギーの振興が、アジアの平和と繁栄のために重要であることを訴えました。

 

s-DSC_0883

2千年来の歴史的なつながりを持ち、伝統的に政治・経済や文化・芸術などでも影響し合ってきた日本と韓国。日韓の国交正常化50年の今年は、両国にとって大事な1年です。この会議のホストとして歓迎のスピーチをした朴槿恵(パククネ)大統領。その後、退席される際に、菅と朴大統領がとてもにこやかに握手を交わしました。

 

s-DSC_0957

 

The 6th Asian Leadership Conference (ALC 2015)

http://www.alcchosun.com/?ln=en

ALC 2015 Photo Gallery

http://www.alcchosun.com/?c=user&bbs_cate=0001&ln=en&mcd=2015en_sub04_03

【朝鮮日報】2015年5月20日
分断の鉄条網クリアなれば、アジアが開かれる

http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2015/05/20/2015052000210.html

【朝鮮日報】2015年5年20日
菅直人「植民支配痛切な反省」、 ケーラー「統一費用問わないでください」

http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2015/05/20/2015052000258.html

 

環境団体&労働組合と会談・州議会議員と会談・ウランフォーラムにて講演


●環境保護団体や労働組合の皆さんと会談しました

 

10636096_10153476505618475_6941555782370418409_n_R

環境保護団体や労働組合の代表と会談①

クイーンズランド州のブリズベンにて「オーストラリア環境保護基金(ACF)」の代表や労働組合の州代表と会談し、その後メディアの皆さんも交えて福島原発事故やオーストラリアと日本のウラン貿易などについて意見交換をしました。

 

10702071_10153476507413475_2955757074978419089_n_R

環境保護団体や労働組合の代表と会談②

 

●クイーンズランド州議会議員と会談しました

 

クイーンズランド州労働党党首のアナスタシア・パラチェック議員や副党首のティム・パラチュック議員など州議会議員の皆さんと会談しました。

10659269_10153476529888475_3709488801462922537_n_R 10696443_10153476532988475_7844205620536540077_n_R 10600586_10153476536128475_8458719795201019791_n_R 10665806_10153476537468475_820673578329560778_n_R

 

●ウランフォーラムにて講演をしました

 

10429285_10153476542678475_7266252972531591787_n_R

講演する菅直人①

クイーンズランド州のタウンズビルに移動し、州北部環境協議会とウラン採掘に反対する市民グループが主催したフォーラムにて、福島原発事故やオーストラリアの役割などについて講演し質疑に答えました。

 

10653711_10153476541858475_7138483874269385381_n_R

講演する菅直人②

10649738_10153476544683475_2860455716340231514_n_R

熱心に話を聞いて頂いた皆さん

 

 

 

産業資源大臣や労働党幹部と会談・連邦議会講演・豪州国立大学講演


●産業資源大臣や労働党幹部と会談しました

 

10631587_10153437049508475_816795355_o_R

マクファーレン大臣(写真左)と会談する菅直人

オーストラリアの首都キャンベラにて、与党・保守連合のイアン・マクファーレン産業資源大臣と会談し、意見交換することができました。産業資源大臣は、ウラン輸出に肯定的だと言われるアボット内閣で、国のウラン採掘を所管する大臣です。

 

 

 

 

 

10599782_10153437028988475_1850032403_o_R

プリバーセック労働党副党首と会談する菅直人

他に、野党・労働党の副党首(元・保健大臣)を務めるタニヤ・プリバーセックさんとも会談し、福島原発事故の経過などについて伝え、オーストラリアのウラン採掘などについて意見交換しました。

10537048_10153437030813475_1207692459_o_R

会談後、プリバーセック副党首と握手する菅直人

 

●オーストラリア連邦議会上院委員会にて講演しました

 

 

10605436_10153437071183475_1725374227_o_R

連邦議会上院での講演の様子

パースの講演会にも駆けつけていただいた、スコット・ラドラム上院議員にもご協力いただき、連邦議会の上院委員会室にて、労働党と緑の党を中心とした超党派の上院・下院議員への福島原発事故と豪州・日本のウラン貿易テーマにした講演と懇談会がありました。

10650614_10153437042928475_161614328_o_R

スコット・ラドラム上院議員ともしっかりと握手

 

●オーストラリア国立大学にて講演しました

 

10612166_10153437055533475_1795594926_o_R

オーストラリア国立大学にて講演する菅直人

オーストラリア国立大学の日本研究部門が主催した公開イベントにて基調講演をおこないました。

講演には多くの学生や研究者の皆さんが参加され、活発な質疑もおこなわれました。

 

10621664_10153437058383475_1105201920_o_R

多くの学生、研究者の方に講演を聞いていただきました

 

本人のブログもあわせてご覧ください。

『キャンベラ日程と吉田調書』→ http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11915818108.html

 

 

 

 

 

 

波力発電試験場視察・州議会議員と会談


●パースにある波力発電試験場を視察しました

 

10642979_10153437163593475_257412168_o_R

海中に設置される大型のブイを視察する菅直人(写真左2人目後姿)

オーストラリア西部にあるパース市で建設が計画されている波力発電所の試験、研究をすすめているカーネギー社の施設を視察しました。

この発電システムは、海底に固定したポンプユニットとブイで構成され、それぞれのポンプにブイをひとつづつ係留してあり、波の動きでブイが揺れることで生み出された力がポンプに伝わり、その力を利用して、加圧水を地上に送り普通の水力発電機を動かして電力を作る仕組みとのことです。

10639295_10153437149473475_1381578379_o_R

発電システムの解説を興味深く聞く菅直人

10580650_10153437125178475_1711029258_n_R

海中に設置される発電システムの解説図

 

●西オーストラリア州議会議員と会談しました

 

10621323_10153437139753475_1841667330_o_R

州議会議員の皆さんと会談する菅直人

オーストラリア労働党に所属する西オーストラリア州議会議員の皆さんと州議会にて会談しました。

労働党は、1891年に結党された、現存するオーストラリア最古の政党で、環境問題にも積極的に取り組み、最近では2007年~2013年の6年間、与党して政権を担いました。

 

10643144_10153437142383475_101353798_o_R

会談後、議員や関係者の皆さんと

10565856_10153437145463475_968265641_o_R

西オーストラリア州議会棟前にて

 

 

 

パースで講演・各種会談


●パースで講演をしました

 

Facing the Fallout - Naoto Kan Australian Tour (9 of 15)_R

パース市庁舎にて講演する菅直人①

オーストラリアのパースにある市庁舎ホールで開催されたパブリックイベントにてゲストスピーカーの一人として講演をおこないました。

講演では、福島原発事故の真実にくわえ、前日に視察したウラン鉱山の内容にもふれ、通訳を介した講演にもかかわらず、大変熱心に聞いてもらえました。

また会場には、オーストラリア緑の党のウラン問題の責任者のスコット・ラドラム上院議員や、東日本大震災による津波で家族を失った石巻市の相沢寿仁君に、心温まる手紙をギラード豪州首相(当時)に託して送ってくれたアシュイン君も駆けつけてくれました。

 

10647494_10153431790833475_924707948_o_R

パース市庁舎にて講演する菅直人②

10627806_10153431789773475_750912406_o_R

多くの熱心な聴衆でうまったホール

10643042_10153431794298475_1162935121_o_R

ウラン問題について訴えるスコット・ラドラム上院議員

10627734_10153431786393475_45002551_o_R

手紙を送ってくれたアシュイン君(写真右)と握手

 

本人のブログもあわせてご覧ください。

『パースでの集会』→ http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11914865017.html

 

●様々な方と交流や意見交換をしました

 

講演だけでなく、オーストラリア国内で新たなウラン鉱山の候補地になっている地域のアボリジニの方々やパースで開かれた平和首長会議の関係者の方などとも精力的に意見交換をおこなっています。

講演会に駆け付けてくれたアシュイン君とも、面会の時間をもうけて和やかな雰囲気なか交流をしました。

 

10612101_10153431775363475_1210213051_o_R

ウラン鉱山候補地のアボリジニの方々と菅直人

10647267_10153431777793475_360664685_o_R

アシュイン君(写真左)と交流する菅直人(写真右)、写真中央は通訳の方

 

アボリジニの方と会談・ウラン鉱山を視察


●アボリジニ(オーストラリア先住民)の方と会談しました

 

10573728_10153431801068475_322138285_o_R

アボリジニの代表の方(写真右2人目)と会談

福島第一原発で使用されていたウランが採掘された、レンジャーウラン鉱山の土地を所有するオーストリアの先住民であるアボリジニのミラー族の代表の皆さんとダーウインに近いカカドゥ国立公園で会談しました。

 

本人のブログもあわせてご覧ください。

『カカドゥ国立公園とレンジャーウラン鉱山』→ http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11914213555.html

 

10647491_10153431812498475_1487965877_o_R

「オーストラリアのウランが福島で使われた」との横断幕

10596626_10153431807618475_1380100945_o_R

アボリジニのミラー族の代表の皆さんと記念撮影

 

●レンジャーウラン鉱山を視察しました

 

Ranger%20Jabiluka%20KNP%20map

レンジャー鉱山の位置(引用:Gundjeihmi Aboriginal Corporation)

オーストラリア北西の都市ダーウィンの東約250kmの位置にあるオーストラリア最大のレンジャーウラン鉱山を視察しました。

オーストラリアには、原子力発電所がなく、 国内で産出されるウラニウムは、海外の原子力発電所で消費されるべく輸出されています。日本の福島第一原発にもオーストラリアで産出されたウランが使われていました。

 

dob.gac.002_R

上空から視察する菅直人(撮影:Dominic O’Brien氏)

10638963_10153431806698475_1294248211_o_R

レンジャー鉱山について説明をうけました

10627829_10153431840038475_69138827_o_R

鉱山周辺の道路には「NO Stopping Any Way」と書かれた看板もありました

10642930_10153431828923475_1392245097_o_R

日豪各社のメディアから取材をうけました

 

 

 

 

 

ダーウィンで講演・各種取材


●ダーウィンで講演をしました

  

オーストラリアのダーウィンにある北部準州議会で開催された「Renewable Territory」にて基調講演をおこないました。

 

本人のブログもあわせてご覧ください。

『ダーウィンで講演』→ http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11913745410.html

 

10642748_10153431872658475_382632551_o_R

基調講演する菅直人

10639484_10153431872618475_1509664076_o_R

熱心に話を聞く聴衆の皆さん

10612043_10153431875948475_295568579_o_R

講演終了後、オーストラリアのスタッフの皆さんと

 

●多くのメディアから取材を受けました

 

オーストラリアの公共放送の「ABCテレビ」、現地の大手新聞社の「Fairfax新聞」、「simom says テレビ」、日本の「TBS」などから福島原発事故や、オーストラリアのウラン鉱山の問題などについて、多くの取材を受けました。

 

10647486_10153431858478475_773522571_o_R10621549_10153431862383475_907869553_o_R10642893_10153431864883475_1845722072_o_R10631928_10153431866378475_710744808_o_R

オーストラリアでの講演・視察


●オーストラリアでの講演・視察

 
map菅直人は、8月21日の夜より、オーストラリアの市民団体にお招きをうけ福島原発事故に関する講演とオーストラリア各地の視察に出かけます。ダーウィン・ジャビル・パース・キャンベラ・ブリスベン・タウンズビル・メルボルンなどを訪問する予定となっております。(フライト時間の関係上、8月21日は、日本からオーストラリアへの移動日です。)

 

本人のブログ「今日の一言」にも視察の件が載っております。
『オーストラリア視察』→ http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11912768749.html

なお、視察の様子は、本人のブログ「今日の一言」と、この「活動報告」のページでお伝えする予定です。

グリーンテーブルでのヨーロッパ視察報告


●グリーンテーブルでの欧州視察報告

 

原発のない社会をめざす地方議員のグループ「グリーンテーブル」が衆議院議員会館で開いたミーティングにて、先日訪問した、ドイツ・ポーランド・フィンランドの視察報告と予算委員会分科会(2月26日)での質問でも取り上げた原子力災害がおきた際の地域防災計画や、最近の国の原子力政策の動きなどを講演し、集まった地方議員の皆さんと意見交換しました。

 

IMG_1824_R

視察報告する菅直人(写真右2人目)

IMG_1818_R

オンカロ処分場のあるオルキルオトの報告

 

2 / 41234

海外 トップに戻る