イベント(事務所スタッフより)

第52回府中市民芸術文化祭 盆栽展@府中市内


  10月30日(日)午前、府中グリーンプラザ展示ホールで開かれている第52回府中市民芸術文化祭の盆栽展(主管:府中盆栽同好会)に行きました。

  同好会の皆さんが出展された盆栽を解説をしていただきながら観させていただきました。

  日本の文化の発展のためにも今後も盆栽の奥深さについて同好会の皆さんからお話しを聞く機会があればと思いました。

 

img_8466

▲作品ごとに説明をしていただきました

 

 

武蔵野市子育てフェスティバル・コミセン文化祭に参加


10月29日、雨上がりの土曜日、地元の武蔵野市で開催された「武蔵野市子育てフェスティバル」を見学させてもらいました。

子育てフェスティバルでは、「保育施設・幼稚園情報コーナー」に来場されていたパパさん・ママさんから保育の現状について伺ったり、地域活動を通じて、子育てをママを応援する取り組み『ママとなり』や、子連れで行けるお店をボランティアの皆さんがまとめた『むーままマップ』の説明を受けました。他にも東京都が支援する養子縁組を目的としない里親制度『養育家庭(ほっとファミリー)』についても関心をもったようでした。

最後に「みんなの願い 空まで届け」と題したコーナーに寄り、菅は「子育て、孫育てにやさしい武蔵野市をめざそう」と寄せ書きし、未来の日本を担う子供たちのために、国としても子育て・保育の課題にしっかり取り組まねならないと思いを強くしました。

 

point-blur_20161029_132038

現役のパパ・ママから保育の現状について話を伺いました

dsc_3087

養育家庭制度について説明をうけました

dsc_3090

「子育て、孫育てにやさしい武蔵野市をめざそう」と寄せ書き

 

西部コミュニティーセンター文化祭にもお邪魔しました。
西部コミセンでは、近隣の小中学生の作品や、コミセン利用者の皆さんが作られた「書・カレンダー・手芸・俳句・切り絵・押し花・折り紙」などの作品を観賞、その多彩さに感心させられました。観賞後は、入れたてのコーヒーとお抹茶をいただき、来場されていた方々と地域の話題から原発問題まで話に花が咲きました。

dsc_3081 point-blur_20161029_131818

もりもり森クラブ収穫祭・むさしの環境フェスタに参加


10月23日、武蔵野市の「市民の森公園」で開催されたもりもり森クラブ主催の収穫祭にお邪魔しました。

収穫祭は、大勢の親子連れで大賑わい。菅もつい童心に返って草笛に挑戦したり、蒸しイモをほおばったりと、短い時間でしたが市民の皆さんとの交流を楽しみました。

 

dsc_3006

ハーブティーを頂きながら談笑

point-blur_20161023_140905

草笛に挑戦。なかなか難しい。

dsc_3017

出来立ての蒸しイモをいただきました

 

境南ふれあい広場と武蔵野プレイスで開催された「むさしの環境フェスタ」にも伺いました。
環境フェスタでは、各ブースを廻り飲み物の糖度測定や、ベランダ発電工作セミナー、玉川上水を未来遺産にする取り組みなど、どれも特色ある企画に興味深々でした。

 

dsc_3018

飲み物の糖度を測定

dsc_3031

自然の素材を生かして作った輪投げにも挑戦しました

dsc_3032

ベランダ発電キットの前でエネルギー談義

dsc_3022

玉川上水について説明を受ける

府中平和まつり&ハロウィンイベント2016@府中市内


 10月23日(日)午後、府中公園で開催されている府中平和まつりに行きました。

 東日本大震災の被災地支援活動、原発事故、女性の人権、空港・基地問題、憲法、安全保障等をテーマにしたブースや展示を見ていきました。

 本当の平和とは何かを改めて考える機会となりました。

 

img_8244

▲模擬店でおいしいアフリカンチキンを買って食べました

 

img_8314 

▲原発再稼働の是非についてのアンケートボードにシールを貼りました(再稼働反対に1票)

 

 平和まつりに続いて、府中けやき並木通りで開催されているハロウィンイベント2016の会場に行きました。

 ハロウィンパレードでは子どもたちが思い思いの仮装をして笑顔で歩いていました。

 

img_8315

▲仮装をしたかわいいちびっ子たちと記念撮影

 

 模擬店でドーナツやビールを買って食べて飲んだりし続けたので菅もさすがに「お腹がいっぱいになってきたなぁ」と。

img_8313

▲お腹がいっぱいでしたがおいしそうなビールを見て、買ってしまいました

 

 今回はちびっ子が主役のハロウィンイベントでしたので、秘書が極秘に用意していた仮装グッズを菅が着るタイミングがありませんでしたが、地元のハロウィンイベントでいつの日か披露できたらと思っております(秘書談)

 

むさしのあったかまつり・コミセン文化祭に参加


秋の武蔵野市では、市内各所でベントが盛り沢山です。菅も駆け足でしたがイベントに参加させてもらいました。

10月22日、社会福祉法人武蔵野が主催する「むさしのあったかまつり」では、今年初の取り組みとして開催された模擬選挙「あったか街市長選挙」で投票。模擬投票と言っても市の選挙管理委員会が協力し本格的なもので、菅も真剣に選挙公報を読み込んでいました。他にも障がい者の皆さんが作られた作品を観賞し、人生初の押し花の栞作りにも挑戦しました。

 

dsc_2978

「あったか街市長選挙」選挙公報と投票用紙

dsc_2981

障がい者の方が作られた作品を観賞

dsc_2982

人生初の押し花栞作りに挑戦

dsc_2983

マルシェ広場の物販にもお邪魔しました

 

本町コミュニティーセンターと西久保コミュニティーセンターの文化祭にもお邪魔しました。本町コミセンでは、お花や書道、のど自慢を楽しみ最後には、福引にも挑戦・・・・・・しましたが、残念ながら一等賞とはなりませんでした。西久保コミセンでも、プロ顔負けの写真や、お花や書道、絵手紙を観賞し、市民の皆さんと山や旅の話で盛り上がりました。

 

dsc_2990

芸能発表会でご挨拶@本町コミセン

dsc_2994

福引の景品の残念賞ポケットティッシュをもらい大笑い@本町コミセン

dsc_2997

絵手紙を観賞@西久保コミセン

真っ昼間市と晴見町商店街ふれあいまつりに行きました


img_8216

 10月22日(土)午前、府中市の大東京綜合卸売センターの真っ昼間市に行きました。この日はハロウィンイベントが開催されており仮装をしたちびっ子やたくさんの買い物を楽しむ方々が来られていました。

 新鮮なお肉やお魚が店頭にならんでおり、菅も母親が大好きな海老や蟹を買っていました。

 

img_8199

 卸売センターで買い物をした後は、同じく府中市の晴見町商店街のふれあいまつりに行きました。

こちらも多くの家族連れの姿がみられ、また阿波踊りや大抽選会もあり活気があふれていました。

 卸売センターや地域の商店街ではお店の人や買い物をしている人と気軽に話せるので菅も何度も立ち止まって話し込んでいました。

 

 

コスモ保育園親子合同運動会に参加


10月22日に小金井市の栗山公園で行なわれた2016年コスモ保育園親子合同運動会に参加しました。2歳から5歳の元気な園児と未就園児、卒園児のみなさんが、保護者のみなさんに見まもられながら、駆けっこや演技などを見せてくれました。

 

コスモ保育園親子合同運動会に参加

コスモ保育園親子合同運動会に参加

 

地元・武蔵野市の文化祭に参加


地元の武蔵野市ではコミュニティーセンター(コミセン)などの文化祭が花盛りです。

今日は菅も市内の文化祭にお邪魔させてもらい、プロ顔負けの歌や踊り、各種作品を楽しませてもらいました。

吉祥寺北コミセンでは、美味しいお抹茶をいただき、生け花や舞踊を観賞しました。

 

吉祥寺北コミセン文化祭

吉祥寺北コミセン文化祭

お抹茶を頂きます

お抹茶を頂きます

書と絵葉書を観賞

書と絵葉書を観賞

 

吉祥寺南町コミセンでは、障がい者の方が作られた革製品を購入、達筆な書やコーラスを観賞、子連れのパパママとも記念撮影に応じるなど、市民の皆さんと交流を深めました。コミセンに設置されている太陽光発電システムについても意見交換していました。

 

吉祥寺南町文化祭

吉祥寺南町コミセン文化祭

障がい者の方が作られた作品

障がい者の方が作られた作品

太陽光発電について意見交換

太陽光発電について意見交換

 

市民会館文化祭では、「着楽会」の皆さん主催されてる着付け教室を見学、着物という日本の伝統的美にふれたり、パッチワークやコラージュ作品などを観賞した後、「ジモッピーN」が主催された武蔵野の地域コミュニティーをどうするか考えるワークショップにお邪魔し、市民会館が建設された時も市民参加で建てられたエピソードなどを少し話させて頂きました。

 

秋晴れの日曜日、地元で多くの市民の皆さんに出会うことができ、改めて地元の皆さんに感謝する一日でした。

 

パッチワークを観賞

パッチワークを観賞

ワークショップで挨拶

ワークショップで挨拶

ふちゅうテクノフェア@ルミエール府中


img_7726

 府中公園の福祉まつりに続いて、お隣りのルミエール府中で開催されている「ふちゅうテクノフェア」に行きました。

 高い技術を持った地元企業が数多く出展しており、中小企業の底力をみることが出来ました。

 高度な技術を使ってもらいたいが役所は、実績がないと話しすらなかなか聞いてもらえないから大変だよ、という話しもありました。

 ロボットバトルコーナーにはちびっ子が目を輝かせて二足歩行ロボットの動きをみたり、体験操縦をしていました。

 地域の中小企業の高い技術がもっといろいろなところで使われるような環境づくりと、子どもたちが夢をもてる社会をつくらなければ日本の未来はないと改めて思いました。

 

 

福祉まつり@府中公園


img_7611

 

img_7537

 

 府中公園(府中市)で開催されている第36回福祉まつりに行きました。

 青空が広がる中、ステージ上では合唱やステージ発表が行われており、会場にはたくさんの市民の方々が来られ賑わっていました。

 菅は模擬店で食べ物を買って食べたり、奥さんやお孫さんのために小物を買ったりと手に持ちきれないほどの買い物をしました。

 介護施設のブースでは施設職員の方と話し、仕事現場の状況や政策要望を聞かせていただきました。

 来場されていた多くの市民の方々と話したり、お声をたくさんかけていただき、楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

イベント トップに戻る