原発・エネルギー(事務所スタッフより)

9 / 10« 先頭...678910

経済産業委員会で質問に立ちました


●経済産業委員会で質問に立ちました

 

「原子力損害賠償支援機構法の一部を改正する法律案」の審議をおこなっている衆議院の経済産業委員会で質疑に立ちました。

茂木経済産業大臣、原子力規制員会の櫻田原子力規制部長、廣瀬東京電力社長に対して、福島第一原発の廃炉作業、原子力損害賠償支援機構に追加されようとしている廃炉関係業務の位置づけ、原子力規制委員会の原発の適合性審査などについて質問をおこないました。

 

経済産業委員会で質問する菅直人

経済産業委員会で質問する菅直人

資料を手にし茂木大臣に質問する菅直人(後姿)

資料を手にし茂木大臣に質問する菅直人(後姿)

 

本人のブログもご覧ください。

『原発事故に関する質疑』→ http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11817938599.html

 

質問の映像は下記リンクよりご覧になれます。
【衆議院インターネット審議中継】

http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&media_type=fp&deli_id=43758&time=10734.3

地域からの再生可能エネルギー促進策を考える


●地域からの再生可能エネルギー促進策を考える

 

菅も参加する「原発ゼロの会」(原発ゼロ実現への思いを共有する超党派の国会議員連盟)と国会エネルギー調査会準備会共催による第38回国会エネルギー調査会(準備会)に出席しました。

調査会に参加する菅直人(写真右)

調査会に参加する菅直人(写真右)

「地域からの再生可能エネルギー促進策を考える」をテーマに、総論的な報告を飯田哲也さん(環境エネルギー政策研究所所長)から受け、「地域主導型による再生可能エネルギー促進」の先進的な取り組みの報告を、佐藤彌右衛門さん(会津電力(株)代表取締役社長)と服部乃利子さん(しずおか未来エネルギー(株)代表取締役社長)から受けた後、現行の政府施策も含め、出席者で意見交換をおこないました。

 

【参考】「国会エネルギー調査会準備会」のHP

http://www.isep.or.jp/news/6149

再生可能エネルギー機器メーカーの皆さんと懇談


●再生可能エネルギー機器メーカーの皆さんと懇談

 

アイルランドに本社のある、地中熱ヒートポンプや太陽光発電や蓄熱暖房機などに取り組むメーカーの皆さんの訪問をうけ、懇談しました。

懇談には、来日中の本社の会長や日本法人の社長なども参加されました。

 

再生可能エネルギー機器メーカーの皆さんと懇談(写真左より橘民義自然エネルギー研究会代表、菅直人、メーカの皆さん)

再生可能エネルギー機器メーカーの皆さんと懇談(写真左より橘自然エネルギー研究会代表、菅直人、メーカの皆さん)

原子力損害賠償支援機構法の一部改正案について議論


●原子力損害賠償支援機構法の一部改正案について議論

 

民主党の経済産業部門会議と東京電力福島第一原子力発電所対策本部の合同会議に出席し、原子力損害賠償支援機構法の一部改正案について経済産業省から説明をうけた後、議員間で議論をおこないました。

 

今回の改正案の主旨は、原子力損害賠償支援機構の業務に事故炉の廃炉支援業務を追加するものですが、この改正案について、本人がブログに意見を載せておりますので、ぜひお読みください。

「原発廃炉技術の輸出」→ http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11812270004.html

アラブ首長国連邦とトルコとの原子力協定


●アラブ首長国連邦とトルコとの原子力協定

 

3月27日(木)に引き続き(→3/27活動報告参照)、民主党の外務・防衛/経済産業部門合同会議に出席し、「日本・アラブ首長国連邦原子力協定」及び「日本・トルコ原子力協定」について議員間で議論をおこないました。

 

この件について、本人がブログを書いていますので、ご覧下さい。

「原発輸出」→ http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11809873905.html

 

 

アラブ首長国連邦とトルコとの原子力協定・石炭の可能性


●アラブ首長国連邦とトルコとの原子力協定

 

民主党の外務・防衛/経済産業部門合同会議に出席し、「日本・アラブ首長国連邦原子力協定」及び「日本・トルコ原子力協定」について議員間で議論をおこないました。

(原子力協定とは、核物質・原子力関連資機材及びそれらの技術の輸出入の際、平和利用に限定し、軍事転用を防ぐために設けられる法的枠組みです)

 

部門会議に出席する菅直人(写真中央奥横顔)

部門会議に出席する菅直人(写真中央奥横顔)

 

●石炭の可能性

 

民主党エネルギー総合調査会に出席し、石炭のガス化CBM(コールベッドメタンの略、別名:炭層ガス)など「石炭の可能性」について板倉賢一 教授(室蘭工業大学)と大賀光太郎 助教(北海道大学)より話を聞きました。

 

ヘレン・カルディコット医師と会談・オランダの地中熱・弁理士知財議連


●ヘレン・カルディコット医師と会談

 

「放射能」が人体に及ぼす影響に関する研究を続け、女性や子供たちを福島第一原発の事故による「放射能被曝」から守るために活動しているヘレン・カルディコット医師と議員会館の事務所で会談しました。

 

本人のブログもご覧ください。

「被ばくの影響」:http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11795014881.html

 

カルディコット医師(写真右から2人目)と会談

カルディコット医師(写真右から2人目)と会談

 

 

その他、議員会館で二つの会合が開かれました。民主党エネルギー総合調査会では、「未利用熱エネルギー」をテーマに、オランダにおける地中熱エネルギー等について意見交換し、民主党弁理士制度改革・知的財産制度改革議連にも出席しました。

 

 

 

ヤツコ前NRC委員長講演・東日本大震災三周年追悼式・InterFM出演


●ヤツコ前NRC委員長の講演聞く

 

東京大学本郷キャンパスで開かれた日本再建イニシアティブ主催の東日本大震災3周年国際シンポジウムに聴衆として参加し、「3・11海外から見た日本の危機対応」をテーマにしたグレゴリー・ヤツコ前米国NRC委員長の基調講演と「日本の危機対応」をテーマにしたパネルディスカッションを聴きました。

パネルディスカッションの コーディネーターは、城山英明氏(東京大学政策ビジョン研究センター長)。 パネリストは、グレゴリー・ヤツコ氏、伊藤哲朗氏(前内閣危機管理監)、北澤宏一氏(東京都市大学学長、民間事故調委員長)でした。

 

パネルディスカッションの様子(左から城山氏、ヤツコ氏、伊藤氏、北澤氏)

パネルディスカッションの様子(左から城山氏、ヤツコ氏、伊藤氏、北澤氏)

 

●東日本大震災三周年追悼式へ参列

 

政府主催の東日本大震災三周年追悼式に参列にし、哀悼の意を捧げるとともに、今後も原発ゼロの実現と被災地の復興に力を尽くすと誓いました。

 

●InterFMの番組にゲスト出演

 

InterFM の「The Dave Fromm Show!」に出演し、福島第一原発事故発災当時の状況や再生可能エネルギーの可能性などについて語りました。

 

InterFMに出演中の菅直人

InterFMに出演中の菅直人

 

本人のブログにも震災から丸3年経っての思いと今日のシンポジウムについて記事があります。

「満3年」:http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11793159279.html

「原発事故の実態」:http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11793738025.html

福島県の原発事故被災地を訪問しました


富岡町の当時の災害対策本部にて職員から説明を受ける

富岡町の当時の災害対策本部にて職員から説明を受ける

 

郡山市より広野町・楢葉町をへて富岡町の役場や当時の災害対策本部を訪問しました。その後、福島第一原発事故の被害により帰還困難区域に指定されている地域を通る国道6号線を北上し、南相馬市にて開催される復興シンポジウム「未来へつなぐ南相馬市の再生」に参加し話を伺いました。

本人のブログ「今日の一言」でも今回の訪問の記事がありますのでご覧ください。
『原発事故被災地訪問』 http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11786041506.html

国会質問に立ちました


分科会

2月26日の衆議院予算委員会第7分科会で、政権交代の直前、2009年5月に質疑に立って以来、初めての質問に立ち、茂木経済産業大臣や田中原子力規制委員長に厳しく迫りました。

本人のブログもご覧ください。

『国会質問終了』 http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11782166994.html

 

質問の映像は下記リンクよりご覧になれます。

【衆議院インターネット審議中継】

 http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&media_type=fp&deli_id=43582&time=17433.5

9 / 10« 先頭...678910

原発・エネルギー トップに戻る