原発・エネルギー(事務所スタッフより)

原子力問題調査特別委員会で高浜原発に関して質問


P4144272-646x350

福井地裁は4月14日に、関西電力高浜原発3・4号機の「運転差し止め仮処分決定」を出しました。樋口英明裁判長は、その再稼働に関して住民の訴えを認め、実質的に再稼働を禁じる画期的な決定を下したのです。しかも、原子力規制委員会の新規制基準は「緩やかにすぎ、合理性を欠く」と指摘しました。ところが原子力規制委員会の田中俊一委員長は、その決定文に対して記者会見や国会答弁で「事実誤認がある」と述べてこの仮処分決定について批判しています。
 

s-DSC_0217

 

この発言を受けて、安倍総理も4月16日の衆議院本会議で「福井地裁の仮処分決定の内容については、田中規制委員長からその判断の前提となる幾つかの点で事実誤認があり、新規制基準や審査内容が十分に理解されていないのではないかとの明確な見解が示されています。」と答弁しています。安倍政権は、田中委員長の「事実誤認」発言を使って裁判所の決定が間違っているような印象を与えて、再稼働を「粛々と進める」つもりです。

s-DSC_0201

 

田中委員長は、決定文の①外部電源と非常用電源、②給水設備と冷却設備、③基準地震動と入倉レシピの3点について事実誤認だと指摘しています。菅直人は、4月23日に衆議院分館第13 委員室で開催された衆議院の原子力問題調査特別委員会で、この3点について「事実誤認とは言えない」という観点から質問しました。この委員会での質疑を、全国の原発差止裁判に関わってきた河合弘之弁護士と海渡雄一弁護士が傍聴しました。

s-DSC_0195

 

質疑では、菅が具体的に裁判所の決定のどの部分が事実誤認か問いました。それに対して田中委員長は「あらゆることを考えて新規制基準に沿って審査している」。「それが理解されれば裁判所の決定のような批判は出ないはず」と答弁。新規制基準のことを批判するのは理解していないからで、事実を誤認しているからだと述べました。

s-DSC_0233

 

今回の裁判所が指摘した最も重要な点は、4つの大陸プレートがせめぎ合う世界で最も地震の多い日本であることを考えれば「原子力規制委員会の新規制基準とそれに基づく審査は甘い」のではないか、という点です。田中委員長は、その問いには正面から答えず唯我独尊の論理を述べるだけでした。

s-DSC_0240

 

 

※委員会の議事録は「国会会議録検索システム」から

お読みいただけます(PDFのP11~P14)。

http://kaigi.ndl.go.jp/cgi-bin/KENSAKU/swk_list.cgi?SESSION=29080&SAVED_RID=1&MODE=1&DTOTAL=1&DMY=29774

※質疑の様子は「衆議院インターネット中継」のビデオ

ライブラリーにアーカイブされています。ぜひご覧ください。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=44741&media_type

「原発事故被害者の救済を求める全国運動」の請願署名


s-DSC_0269

暑いぐらいの快晴に恵まれた5月27日。「原発事故被害者の救済を求める全国運動」の皆さんによる『5.27 国会に声を届けよう!』集会が日比谷公園で開催されました。福島原発事故から4年が経ち、避難区域指定の解除や自主避難者への仮設住宅の支援、賠償の打ち切りの動きが出ています。このことに抗議するために、福島や京都など全国各地から120人が参加しました。

 

s-DSC_0268 

その後、原発事故被害者の救済を求める全国運動の皆さんが集めた12万筆を超える請願署名の束を各党の国会議員団に渡すために、参加者の皆さんが(衆参議院別館の)議員面会所までデモ行進しました。衆議院別館では、民主党から「原発事故被災者・子ども支援法」の施行に尽力された衆議院議員の荒井聰さんらが受け取りました。

 

s-DSC_0275

菅直人も、民主党の議員団として衆議院の議員面会所(議面)で受け取る予定でしたが、中央線が遅れたためにぎりぎり間に合いませんでした。そのため、参院議面までのデモに飛び入りして請願署名の受け取りにも参加しました。菅は、今後も全国各地での脱原発講演や福島原発事故の被害者の皆さんの支援を続けていきます。

 

s-DSC_0280

 

 

原発事故被害者の救済を求める全国運動
http://act48.jp/index.php/2014-01-07-02-41-36.html

 

【東京新聞】2015年5月28日
原発被害、救済続けて 都内で集会 国会へ署名12万筆
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015052702000229.html

 

元アメリカ原子力規制委員会(NRC)委員長のヤツコさんが訪問


s-DSC_0914

2月12日、元アメリカ原子力規制委員会(NRC)委員長のグレゴリー・ヤツコさんが議員会館を訪問してくれました。この日に、脱原発政策実現ネットワーク(事務局:ストップ・ザ・もんじゅ)が主催した「原発再稼働の是非を問う」院内集会での基調講演前に菅に会いに来てくれました。来日する度に、菅に会いに来てくれているヤツコさん。福島原発事故の直後にNRC委員長だったヤツコさんは、その後に何度も現地調査や各地での講演に呼ばれて来日しています。ちなみに、アメリカのNRCは地域住民の避難計画がない原発の稼働を認めていません。

 

s-DSC_0912

ヤツコさんは、水素爆発を起こして今もメルトダウンした溶けた核燃料がどこにあるかわからない福島原発サイトの視察だけでなく、多くの被災者の皆さんの話を聞いて回りました。特に避難生活が長引いて家族が崩壊してしまった福島からの被災者の方々の話を聞き、原発は高レベルの放射性物質で広範囲に壊滅的な汚染をもたらすことに加えて人々の社会や暮らしを壊すこと実感。そのため、アメリカでの新規の原子炉建設認可に委員の中で唯一反対した結果、ブッシュとオバマ大統領に任命されたアメリカの原子力規制委員長の座を辞した誠意の人です。

 

菅さんカリフォルニア
菅直人とヤツコさんは、2013年6月にカルフォルニアのサンディエゴで開かれたサンオノフレ原発の再稼働反対のシンポジウムで講演者として共演。それ以来、ニューヨーク、ボストン、そして愛媛の伊方原発の再稼働に反対する八幡浜市の集会などでも一緒に講演をして回り、親しくなりました。カリフォルニアでのシンポジウムでは、菅とヤツコさんを含む5人のスピーカーが講演。菅は「福島原発事故の真実」として、最悪のシナリオでは東京を含む250km圏内の5000万人が避難する可能性もあったことなどを伝えました。その会議の3日後に、サンオノフレ原発を運営するエジソン社がサンオノフレ原発の廃炉を決定。この成果に、会議を主催した市民団体は地元紙に感謝の意見広告を出してくれました。

 

【菅直人事務所 Youtube 映像】2014年3月10日

ヤツコ元NRC委員長対談「01:日本の現状とアメリカの現状」

https://www.youtube.com/watch?v=4uIQ2hrl8C4

ヤツコ元NRC委員長対談「02:規制委員会について」

https://www.youtube.com/watch?v=7I27tf9u4D4

ヤツコ元NRC委員長対談「03:事故への対応はどこがすべきか」

https://www.youtube.com/watch?v=1F_yFQ3JvYM

ヤツコ元NRC委員長対談「04:ヤツコ氏からの質問」

https://www.youtube.com/watch?v=Rnhg2vG37iM

 

【SanClementeGreenSD】June.4th 2013

Fukushima: Ongoing Lessons for California

https://www.youtube.com/watch?v=nAYVK8_W2h4

【IWJ】2013/09/21

菅直人元首相が講演「福島第一原発の事故は、紙一重で

最悪シナリオを回避したに過ぎない~八幡浜ワークショップ」
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/102505

 

【東洋経済】2013年09月26日

米国で市民が原発を廃炉に追い込んだ理由

http://toyokeizai.net/articles/-/20156

【ウォールストリートジャーナル】

米サンオノフレ原発が廃炉を決定―福島の教訓で変わる米原発事情

http://jp.wsj.com/articles/SB10001424127887324438704578558540979880724

 

 

 

 

 

あすのエネルギー会議に出席


●あすのエネルギー会議に出席しました

 

原発のない社会をめざす自治体議員ネットワーク「グリーンテーブル」の主催で、「民主党エネルギー総合調査会」と「自然エネルギー政策研究所」が協力し、滋賀県大津市開催された『あすのエネルギー会議』に参加者として出席しました。

会議では、地域の資源を活かし地域からエネルギーを創り、再生可能な地域分散型エネルギーで日本を新しい時代へ進め、原発に頼らない社会をつくるために、ライフスタイルや政策をどうしたらいいかなどが話し合われました。

 

あすのエネルギー会議の様子

あすのエネルギー会議の様子

会議で発言する菅直人

会議で発言する菅直人

 

川内原発の立地地域を視察・懇談・いちき串木野市で講演


●川内原発の立地地域を視察しました

  

鹿児島県薩摩川内市にある九州電力の川内原子力発電所や、同発電所でタービンを回して発電に使用した蒸気を復水器で水に戻すために使われる海水が海に温かい海水(温排水)になって戻される寄田海岸などを視察しました。視察に先立ち、薩摩川内市長の岩切英雄さんとも会談し意見交換をしました。

川内原発を視察する菅直人

川内原発を視察する菅直人

川内原発ゲート前にて取材をうける

川内原発ゲート前にて取材をうける

温排水の放出される海岸を視察する菅直人(写真右から3人目後姿)

温排水の放出される海岸を視察する菅直人(写真右から3人目後姿)

 

●いちき串木野市議会議長と懇談

  

視察後、講演のおこなわれる、いちき串木野市に移動し、市議会議長の下迫田良信さんら議会幹部と懇談し、意見交換しました。

 

DSC_0044_R

懇談する下迫田議長(写真中)と菅直人(写真左)

 

 

●いちき串木野市で講演をおこないました

 

川内原発が建つ薩摩川内市のいちき串木野市で「市民の生命を守る避難計画がない中での川内原発再稼働に反対する緊急署名」の活動をしている「避難計画を考える緊急署名の会」が開催した、『避難計画と川内原発再稼働を考える市民のつどい ~いちき串木野市民の過半数は再稼働に反対です~』に特別ゲストとして参加し、福島原発事故当時、総理大臣として直面した避難問題などを踏まえて、現在の避難計画問題などについて訴えました。

 

DSC_0082_R

講演する菅直人

DSC_0096_R

住民避難をテーマしたパネルディスカッションもおこなわれました

 

本人ブログもあわせてご覧ください。

『川内原発と避難計画』→ http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11907092129.html

 

鹿児島市で原発ゼロを訴え講演


●鹿児島市で原発ゼロを訴え講演をおこないました

 

鹿児島市にて、「反原発・かごしまネット」が開催した『福島原発事故の真実 それでも川内原発、再稼働なのか!』と題した集会にて講演をおこない、福島原発事故当時、原発から半径250キロ圏の5千万人が避難する最悪の想定をした経験から、現在進められている再稼働の審査に地元住民の避難計画が含まれない問題などについて訴えました。集会では、「川内原発の1、2号機の再稼働に反対し廃炉を求める」意見書を可決した、原発から30キロ圏内にある鹿児島県姶良市議会の神村次郎市議会議員と対談もしました。

 

DSC09985_R

講演する菅直人

DSC_0803_R

神村姶良市議と対談

DSC_0817_R

原発ゼロを誓う(左から向原反原発かごしまネット代表、川内前衆議院議員、野口鹿児島市議、神村姶良市議)

 

本人ブログもあわせてご覧ください。

『川内原発と避難計画』→ http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11907092129.html

 

O157の被害者を追悼・原発ゼロを訴える


●O157よる堺市学童集団下痢症の被害者を追悼しました

 

sDSC_7767_R

献花する菅直人

菅直人は、大阪府堺市を訪問し、菅が厚生大臣を務めていた1996年に発生した、腸管出血性大腸菌O157よる堺市学童集団下痢症によって亡くなられた3人の児童を追悼するとともに、事件を記録し、亡くなられた児童と多くの被害者の方々を決して忘れず、事件を反省し風化させないこと、また、市として二度とこのような事件を繰り返さないことを誓うために堺市役所に設置された碑に献花、拝礼しました。

sDSC_7800_R

菅直人(左)と堺市教育長(右)

その後、石碑の設置に、市の担当者として尽力した教育長より話をうかがいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●地方自体議員の皆さんに原発ゼロを訴える

 

sDSC_7850_R

講演する菅直人(写真中央)と企画した長谷川市議(写真右)

堺市議会議員の長谷川俊英さんが企画した講演会にて、地方自治体議員を中心とした皆さんに、福島原発事故の真実と原発ゼロに向けた取り組みについてお話させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

福島原発事故の取材


●福島原発事故について取材をうけました

  

来日中のカリフォルニア大学サンタバーバラ校のローリー・アン・フリーマン教授から福島原発事故について取材をうけました。

フリーマン教授とは、6月3日の国のかたち研究会の勉強会でもお会いしています。(→ 6月3日活動報告

 

P1130836_R

福島第一原発事故の分析


●原発ゼロの会に出席しました

  

菅直人もメンバーになっている「原発ゼロ」実現への思いを共有する与野党の超党派国会議員連盟「原発ゼロの会」が開催され、原子力規制庁が7月18日の第6回東京電力福島第一原子力発電所における事故の分析に係る検討会に提出した「事故の分析 中間報告(案)」について、規制庁の担当者から話を聞き、市民委員会の専門家の皆さんとともに質疑をおこないました。

 

P1130832_R

 

 

愛媛県松山市で原発ゼロを訴え講演


●愛媛県松山市で原発ゼロを訴え講演をおこないました

 

愛媛県松山市にて、いのち・くらしから政治を考える会が開催した『「3.11」とこれからの日本を語る―首相官邸と飯館村で、「あの時」何が起きたか―』と題した集会にて前日の伊方原発の視察もふまえて講演をおこない、その後、福島県飯館村で酪農業を営み、原発事故の影響で、現在は避難されている長谷川健一さんの講演を聞き、愛媛県議会議員の阿部悦子さんの司会で長谷川さんと対談をしました。

 

DSC_0563_R

講演する菅直人

DSC_0591_R

講演する長谷川健一氏

DSC_0666_R

対談風景(写真左から阿部県議、長谷川氏、菅直人)

 

●メディア掲載のお知らせ●

 

7月27日の活動が報道されました。

 

【共同通信】 2014年7月27日
原発再稼働「強行」と批判 菅元首相、松山で講演
http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014072701001410.html

 

【毎日新聞(愛媛版)】 2014年7月28日
講演:「伊方原発、避難できない」 菅元首相が松山で対談、再稼働に警鐘
http://mainichi.jp/area/ehime/news/20140728ddlk38040302000c.html

 

【IWJ愛媛】 2014年7月27日
菅直人・長谷川健一講演&対談「3.11」とこれからの日本を語る(動画)
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/157999

原発・エネルギー トップに戻る