今日の一言

与謝野馨さんのお別れの会


 昨日、故与謝野馨さんのお別れの会があり、私も参列した。与謝野さんには私が総理の時に、社会保障と税の一体改革担当大臣として入閣してもらった重い縁がある。

 
 与謝野さんは自民党に所属していた鳩山政権時代、民主党政権に対し厳しい姿勢で臨まれていた。私が総理大臣に就任し、2011年1月の内閣改造の時、自民党を離党し無所属になっていた与謝野さんに社会保障と税の一体改革担当大臣としての入閣をお願いした。それは、消費税引き上げにつながる社会保障改革案を超党派的にまとめるには与謝野さんを置いて他にいないと考えたからである。
 
 この年3月には東日本大震災と福島原発事故という戦後日本の最大の危機が訪れた。そうした厳しい政治環境の中、与謝野さんは国民的に信頼できる有識者を集め、自民党も反対できない日本の将来を見据えた改革案を見事にまとめ上げられた。
 
 私の後を継いだ野田内閣の下、民主党、自民党、公明党の3党合意が成立。その後自民党に政権が戻り、安倍政権が誕生。安倍総理も最初は3党合意を守るとしていた。しかし2度目の消費税引き上げを先送りし、その結果社会保障の充実に振り向ける財源が確保できなくなっている。
 
 政治家は選挙の事を考えると「アベノミクス」のようなバラ色の政策を掲げたがる。しかし日本の将来とくに若い世代の事を考えれば、与謝野さんのまとめ上げられた社会保障と税の一体改革は避けられない課題であり、誰が総理になっても勇気をもって進めてほしい。
 
 
 

 

与謝野馨さんのお別れの会


 昨日、故与謝野馨さんのお別れの会があり、私も参列した。与謝野さんには私が総理の時に、社会保障と税の一体改革担当大臣として入閣してもらった重い縁がある。

 
 与謝野さんは自民党に所属していた鳩山政権時代、民主党政権に対し厳しい姿勢で臨まれていた。私が総理大臣に就任し、2011年1月の内閣改造の時、自民党を離党し無所属になっていた与謝野さんに社会保障と税の一体改革担当大臣としての入閣をお願いした。それは、消費税引き上げにつながる社会保障改革案を超党派的にまとめるには与謝野さんを置いて他にいないと考えたからである。
 
 この年3月には東日本大震災と福島原発事故という戦後日本の最大の危機が訪れた。そうした厳しい政治環境の中、与謝野さんは国民的に信頼できる有識者を集め、自民党も反対できない日本の将来を見据えた改革案を見事にまとめ上げられた。
 
 私の後を継いだ野田内閣の下、民主党、自民党、公明党の3党合意が成立。その後自民党に政権が戻り、安倍政権が誕生。安倍総理も最初は3党合意を守るとしていた。しかし2度目の消費税引き上げを先送りし、その結果社会保障の充実に振り向ける財源が確保できなくなっている。
 
 政治家は選挙の事を考えると「アベノミクス」のようなバラ色の政策を掲げたがる。しかし日本の将来とくに若い世代の事を考えれば、与謝野さんのまとめ上げられた社会保障と税の一体改革は避けられない課題であり、誰が総理になっても勇気をもって進めてほしい。
 
 
 

 

都民ファーストの大阪維新化


 都議選で圧勝した「都民ファースト」は今後どうなるか。「大阪維新」と同様、次期衆院選で東京中心に候補者を出すなど「東京維新化」する可能性が高い。

 

 問題はどういう政治スタンスの政党となるのかだ。大阪維新は当初「第三極」「分権派」とマスコミにもてはやされたが、実際には「右翼」で「集権」政党あることが明らかになり、今や国会では安倍自民党の先兵と化している。小池都知事もも過去の政治経歴からすると、リベラルというよりは右翼的保守で、思想的には安倍総理に近い。しかし、安倍政権の大失政に乗じて都議選で大勝しただけに、安倍総理に近づくことは慎重になるだろう。小池氏にとって理想形は安倍総理が政権から降りざるを得なくなり、安倍総理に代わって自民党の総裁となり、総理になることだ。

 

 民進党は、井手栄作氏の提唱する「ALL for ALL」の政策と脱原発などリベラル色を明確にして政党の再建をするべきだ。中途半端では誰からも支持されない。

 

 

都民ファーストの大阪維新化


 都議選で圧勝した「都民ファースト」は今後どうなるか。「大阪維新」と同様、次期衆院選で東京中心に候補者を出すなど「東京維新化」する可能性が高い。

 

 問題はどういう政治スタンスの政党となるのかだ。大阪維新は当初「第三極」「分権派」とマスコミにもてはやされたが、実際には「右翼」で「集権」政党あることが明らかになり、今や国会では安倍自民党の先兵と化している。小池都知事もも過去の政治経歴からすると、リベラルというよりは右翼的保守で、思想的には安倍総理に近い。しかし、安倍政権の大失政に乗じて都議選で大勝しただけに、安倍総理に近づくことは慎重になるだろう。小池氏にとって理想形は安倍総理が政権から降りざるを得なくなり、安倍総理に代わって自民党の総裁となり、総理になることだ。

 

 民進党は、井手栄作氏の提唱する「ALL for ALL」の政策と脱原発などリベラル色を明確にして政党の再建をするべきだ。中途半端では誰からも支持されない。

 

 

都民ファーストの大阪維新化


 都議選で圧勝した「都民ファースト」は今後どうなるか。「大阪維新」と同様、次期衆院選で東京中心に候補者を出すなど「東京維新化」する可能性が高い。

 

 問題はどういう政治スタンスの政党となるのかだ。大阪維新は当初「第三極」「分権派」とマスコミにもてはやされたが、実際には「右翼」で「集権」政党あることが明らかになり、今や国会では安倍自民党の先兵と化している。小池都知事もも過去の政治経歴からすると、リベラルというよりは右翼的保守で、思想的には安倍総理に近い。しかし、安倍政権の大失政に乗じて都議選で大勝しただけに、安倍総理に近づくことは慎重になるだろう。小池氏にとって理想形は安倍総理が政権から降りざるを得なくなり、安倍総理に代わって自民党の総裁となり、総理になることだ。

 

 民主党は、井手栄作氏の提唱する「ALL for ALL」の政策と脱原発などリベラル色を明確にして政党の再建をするべきだ。中途半端では誰からも支持されない。

 

 

都議選で安倍政権の終焉が近づいた


 都議選は、安倍政権の暴挙への怒りの票が小池ファーストに集中し、小池ファーストの完勝に終わった。民進党は国会では安倍政権の暴挙に一番抵抗し、反撃した政党だったが、政治スタンスが不明確で、怒りの票の受け皿にはなれなかった。残念だ。

 

 この結果を受けて今後の政局はどうなるか。まず、安倍総理への求心力が急落し、安倍総理が強引に推し進めようとした憲法改正が今までのようには進まなくなることは間違いない。政権立て直しのための内閣改造も簡単ではない。来年の自民党総裁選に向けて、対立候補の動きが出てくるからだ。局面打開のための解散権行使も都議選の惨敗で当分の間封じられた。結局安倍政権がいつまで持つかの問題となってきた。余りにもひどい安倍政権の終焉が近づいてきたことは喜ばしい。

 

 都政はどうなるか。小池グループが圧倒的議席を占め、知事の力が更に強くなったが、それでも豊洲問題など難問を解決できるかどうかは未知数だ。

政治の潮目の変わり目


 いよいよ都議選の最終日を迎えた。この2か月間、安倍政権のおごり高ぶりに対する国民の嫌悪感が高まり、政治の潮目が大きく変わり始めた。安倍総理は都議選最終日の今日、初めて街頭に出るようだがヤジが飛ぶことを恐れている。もともと臆病な安倍総理の正体が見えてきた。

 
 安倍総理は都議選を乗り切れば、一挙に憲法改正突き進もうと考えていた。しかし、閣僚の不祥事が続き、日本会議所属の右翼思想の閣僚が大半を占める現在の安倍内閣を改造せざるを得なくなってきた。安倍総理は都議選と内閣改造で求心力を失えば、強引な政権運営ができなくなる。
 
 安倍総理の憲法改正は、日本の将来を考えての改正ではなく、祖父の岸信介元総理ができなかったことを孫の自分がやりたいという個利個略だけ。安倍総理は元々気が弱い性格を隠すために、余計に強気に振舞ってきたが、それも限界に近付いている。

下村幹事長代行のインチキな説明


 安倍総理の側近、下村幹事長代行は、文科大臣当時に加計学園の秘書室長から、政治資金パーテイ代200万円を受け取ったことを認めた。しかし政治資金収支報告書には記載していない。11名からの預り金という説明を信じる人はいない。文科大臣が学校法人から闇献金を受け取って便宜を図ってきたことは一目瞭然。安倍政権は総理を筆頭に権力を私物化する閣僚のオンパレードだ。

 
 都議選終盤になって都議会議員の役割は都知事をチェックすることだという主張が目立ってきた。武蔵野市から民進党公認で立候補している松下玲子さんは「都議は都知事の子分であってはいけない」と最初から主張。
 
  武蔵野市の都議候補は自民党候補と、小池チルドレン候補と松下玲子さんの3人。豊洲の安全性など都知事をチェックできるのは松下さん以外にはいない。

安倍政権の崩壊


 稲田防衛大臣が、防衛省、自衛隊として自民党への支持を求める発言。公務員は政治的中立義務があるが、特に自衛隊は実力組織だけにより厳しい制約が課せられている。稲田大臣は弁護士資格を持つというが全く分かっていない。

 

 安倍総理は右翼的思想を持つ稲田氏を取り立て、重用し、一説には自らの後継者にと考えていたとされる。しかし、民主主義の基本を全く理解していない稲田氏を防衛大臣に任命した安倍総理本人も、稲田氏と同様総理の権力を私物化するなど、民主主義の基本を全く理解していない。安倍政権の崩壊も近い。

 
 都議選では民進党候補が一人でも多く当選できれば、安倍政権の暴走を止める力になる。武蔵野市の松下玲子候補は小池チルドレンとギリギリの接戦。武蔵野市のことを何も知らない小池チルドレンでは、武蔵野市民の代弁はできない。

 

小池知事は豊洲を危険と言いながら移転するのか


 小池都知事がブレている。豊洲の汚染はひどいことを認めているのに豊洲移転を決めた。築地にも将来市場機能を残すというが、二つの市場を求めている業者はいない。

 
  結局都議選に間、「決められない知事」という自民党からのレッテル貼りをかわすためのいい加減な決定で、明確な方針は何も決まっていない。ブレている。
 
 元々現職の知事や市長が政党をつくるのは邪道だ。議会は知事をチェックするのが大きな仕事。イエスマン議員ばかりではチェック機能は果たせない。大阪維新が同じことをやったが、ひどい議員を大量生産。結局橋下市長は大阪市を放り出して評論家に舞い戻ってしまった。
 
 安倍政権の暴走にノー、そして小池知事のイエスマン候補にもノー。その一票を民進党の候補者に投じてほしい。
 
 

 

今日の一言 トップに戻る