イベント(事務所スタッフより)

国会閉会後、地元で街頭宣伝@三鷹駅北口


image

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月1日(水)通常国会閉会後、地元*武蔵野市の三鷹駅北口で街頭宣伝を行いました。

昨日、野党4党が共同提出した内閣不信任決議案を出した理由、民進党の経済政策と福祉政策等を訴えました。

多くの方々に政策チラシを受け取っていただきました。

 

 

T-nsSOWLの「安倍政権の退陣を求める国会前抗議行動」でスピーチ


s-DSC_0735

菅直人は、5月27日(金)に開催されたT-nsSOWL(ティーンズソウル)の「安倍政権の退陣を求める国会前抗議行動」でスピーチしました。この夏の参議院選挙では、初めて18歳選挙権が行使されます。T-nsSOWLは、10代の高校生を中心とした安保法制に反対するグループです。

http://www.teenssowl.com/

s-DSC_0666

「私たちは憲法違反である安保関連法制の廃止と安倍政権の退陣を求めます。」とHPで宣言しているT-nsSOWL。昨年夏の安保法制に反対する国会前デモにも参加していた彼らは、その後に渋谷などでの高校生デモなどを実施。4月28日からは、毎週金曜日19時の国会前抗議行動を続けています。

s-DSC_0701

SEALDsの弟(妹)分ともいえるT-nsSOWLの参加者の若さに驚きながら、菅は「現行の憲法はよく考えられている。自民党の改憲草案は、国民は国に従え。私も総理大臣だったが、権力者を縛るのが憲法。それを安倍さんは全くわかってない。と語りかけました。「憲法読めない総理はいらない!」

s-DSC_0733

今夜のデモには、共産党から副委員長の田村智子議員が参加されました。スピーチの後に、田村さんと菅がステージにあがり、野党共闘を目指す T-nsSOWLからの「野党は共闘!」「野党は頑張れ!」とのコールに、ガッツポーズと笑顔で応えていました。

映画『太陽の蓋(ふた)』特別試写会@国会議員会館に参加


s-DSC_0689

菅直人は、5月26日に国会議員会館で開催された映画『太陽の蓋(ふた)』特別試写会に参加しました。広い会場には、メディアを含むたくさんの人が集まっていました。冒頭には、製作者で自然エネルギー政策研究所代表の橘民義さんもあいさつされました。

s-DSC_0669

映画『太陽の蓋』は、映画サイトによると「東日本大震災~福島原発事故が起きた3月11日からの5日間。原発事故の真相を追う新聞記者をキーパーソンとし、そして当時菅直人政権であった官邸内、さらに東京や福島で暮らす市井の人の姿を対比させて描く本作。」です。

http://taiyounofuta.com/introduction.html

s-DSC_0677

試写会後のトークイベントには、監督の佐藤太さんや主演の北村有起哉さんが登場。映画では、三田村邦彦さんが演じる菅直人本人も飛び入りであいさつしました。重いテーマの映画に関わることになった経緯について、おふたりは、あの歴史的な事故を忘れないことが大事だと思い参加したとコメント。映画の内容にちなんで、極限状態で守りたい存在を聞かれて「家族」だと答えていました。

s-DSC_0711

5年が経過した今でも、まだ十万人近い人たちが避難生活を強いられている福島原発事故。溶け落ちた核燃料(デブリ)を冷却するために発生した汚染水の一部は太平洋に垂れ流されています。揺れが続く熊本地震では、震源地から150kmで稼働中の川内原発(鹿児島)が心配されています。まだ全国に50基以上ある停止中の原発も、地震のリスクにさらされています。映画を見て、改めてそのことの恐ろしさを痛感しました。

s-DSC_0662

 

脱原発と平和を求める市民デモ@武蔵野に参加


 image

 

脱原発と平和を求める市民デモに参加しました。

2011年9月から始まり、毎月1回歩いて54回目の「脱原発と平和を武蔵野市からすすめる市民の会」主催のデモです。

毎回、少しずつコースは変わりますが、この日は武蔵境駅南口・武蔵野プレイス前公園に集合。

夏の日差しの中、市民のみなさんと一緒に脱原発と平和を求める声をあげながら、武蔵境駅周辺を歩きました。

 

 

「武蔵境ピクニック」に参加


武蔵野市の境南ふれあい広場公園を中心に開催された「第10回武蔵境ピクニック」にお邪魔しました。

 

DSC_1574

 

武蔵 野市西武地域の商店街や消防団、大学、武蔵野市国際交流協会などが中心に実行委員会を結成し開催された催しです。

晴天ということもあり、多くの人で賑わってました。

 

DSC_1566

 

菅も模擬店を廻り武蔵境名産の唐辛子を購入したり、初期防災について消防署の方に話をうかがいました。

 

DSC_1568

 

府中・大國魂神社例大祭に参列


image

 

5月5日、大國魂神社(府中市)のくらやみ祭の例大祭に参列。

直会(なおらい ※)の後、町内を歩いてまわりました。

たくさんの若者たちから声をかけられ、意見交換したり一緒に写真を撮ったりも。

18歳以上の若者には「投票に行くように」と話し、「民主主義は自分たちで自分たちのあり方を決める制度。投票は民主主義社会において権利であると同時に義務でもある」と語りました。

 

※直会(なおらい )/神祭りの終了後,司祭者と氏子のおもだった者が神供を降ろして共同飲食すること>

【街宣】福島原発事故&チェルノブイリ原発事故 忘れていませんか?


s-DSC_0595

菅直人事務所は、この3月を「脱原発月間」と定めました。その活動の一環として小冊子「(福島原発事故&チェルノブイリ原発事故を)忘れていませんか?」を作成。各地で街頭演説会を開催して、配布しています。
http://bit.ly/1XCeFx6

s-DSC_0662

3月13日(日)には「原発に頼らない社会の実現」を目指して、5年目を迎えた福島原発事故と30年目を迎えるチェルノブイリ原発事故思い出そうと呼びかける街頭演説会を吉祥寺駅と武蔵境駅前で行いました。

s-DSC_0568

ふたつの「レベル7」の歴史上で最も過酷な事故。放射能汚染による被災者の苦しみは今もなお続いています。昨年2015年10月にチェルノブイリ原発を視察し、福島原発事故当時の首相だった菅直人は、その経験を含めて演説しました。

s-DSC_0700

街頭演説会には、党派を超えて自治体議員や市民ボランティアの皆さんも参加。武蔵境駅前では、生活者ネットワークの皆さんも参加されました。元生活者ネットワーク理事長で、夏の参院選全国比例候補の大河原雅子さんも脱原発を訴えました。

s-DSC_0580

3月19日にも同様の街宣を武蔵小金井駅頭で実施。

再稼働反対!国会・首相官邸前抗議デモでスピーチ


s-DSC_0218
福島原発事故から5年目の3月11日は、冷え込みの厳しい寒い夜になりました。2012年6月末の大飯原発再稼働に反対する20万人デモ以降、4年間にわたって毎週金曜日の官邸前デモを続けてきた首都圏反原連。菅直人は、多くの参加者やスピーカーの皆さんと共に今回の抗議デモの最後にスピーチしました。
http://coalitionagainstnukes.jp/?p=7836

s-DSC_0163

菅は原発事故当時の首相として、「最悪のシナリオ」では東京を含めた福島原発から250キロ圏内に住む約5000万人が避難しなければならない事態になる恐れもあったが、紙一重で回避されたこと。それなのに、原発を再稼働するのはあり得ないことを訴えました。これは、ヨーロッパやアメリカ、アジアなど世界各国に呼ばれて講演する際にも必ず伝えている内容です。

s-DSC_0152

デモには、福島県双葉町から5年が過ぎた今なお避難生活を続けている女性や東電の勝俣元会長ら3人が強制起訴されるまで5年間も活動を続けてきた福島原発告訴団の副代表、野党5党から各党を代表して政治家の皆さん。企業経営者や大学教授など多くのセクターからの参加者がスピーチしました。

s-DSC_0132

菅は、3月9日に大津地裁による高浜原発に対する稼働中の原発に対しては初めての運転を差し止める仮処分決定が出たことなどを受けて、「これらの成果は長年地道に原発の再稼働に反対する抗議活動を続けてきた皆さんの力によるものだ」と訴えました。デモには、国際環境NGO「FoEドイツ」から代表らが来日して連帯のスピーチをしていました。

s-DSC_0139

「あと5ヶ月・・・どーする?! 18才選挙権」に飛び入り参加


160220/ロフト第2弾◆告知チラシ-1

「あと5ヶ月…どーする?!  18才選挙権」に、途中飛び入りゲスト参加しました。
若手芸人と下村健一(元TBS報道アナ/元内閣審議官)氏によるライブで、新しく選挙権を得る若者たちに、お笑いのアプローチで政治や社会に興味を持ってもらおうというもの。

菅は原発事故対応の真実を語ると同時に、政治を身近に感じるためには学校予算の使い方を自分たちで考えてみるのも有効、などと語りました。
参加者の素朴な、あるいは鋭い質問にも答えました。

たかまつなな(お笑いジャーナリスト)さん司会。
楠ろあ&みゆう(女子高生ユニット 反則実行委員会)、ニック(アメリカ人の芸人)、テル(菅直人の物まねもする芸人)などが出演。
2/20(土)13:00~15:00
新宿ネイキッドロフトにて。

「安倍政権NO! ☆0214大行進 in 渋谷~民主主義を取り戻せ! 戦争させるな!」に参加


s-DSC_0672
2月14日に東京で「安倍政権NO!☆0214大行進in渋谷」と題したイベントとデモが開催されました。主催は、安倍政権による安全保障政策や原発再稼働、格差の拡大などに反対する25の市民団体です。学生団体「SEALDs(シールズ)」や「首都圏反原発連合」などが事務局を担当。代々木公園で集会を開催し、約4千人が参加。

s-DSC_0639
その後の渋谷や原宿の目抜き通りを歩いたデモには約1万人が参加しました。渋谷デモに出発する前のけやき並木通りの集会では「市民連合」の中野晃一教授やSEALDsの諏訪原君が発言。菅は民主党を代表してあいさつしました。「今日は、岡田代表に言われて来ている。このことが(野党共闘)に対する党の姿勢が進んでいることだと思って欲しい」とスピーチしました。

s-DSC_0757
共産党の小池議員も、「菅さんが民主党の代表として参加したと言われた。今週、野党5党が共同で安保法の廃止法案を国会に提出することになっている」とあいさつして、大きな拍手を受けていました。全員のスピーチの後に湧き上がった「野党は共闘!」のコールに、野党5党を代表して参加した議員は手を固く握って応えていました。

s-DSC_0630
集会の後に、参加者約1万人が14の梯団に分かれて渋谷・原宿の繁華街をデモ行進しました。当日の朝まで強い風と小雨が降っていましたが、幸いにもお昼までには暑いぐらいの晴天に。参加者は「安倍政権NO!」「野党は共闘」などのカードを掲げて、バレンタインデーで賑わう渋谷と原宿の街を歩きました。野党5党の代表者も「野党は共闘」のポスターを掲げて一緒に歩きました。

s-DSC_0880
デモを先導したサウンドカーでは、SEALDsのラッパーUSDこと牛田君や橋本紅子さんが音楽をバックにコール。「渋谷の皆さん、私達は安倍政権に反対しています!」。また、昨年夏の安保法案に反対する国会前デモで12万人が叫んだ「民主主義ってなんだ!」「これだ!」「安保法制、絶対反対!」「選挙に行こうよ!」「安倍は辞めろ!」のコールが渋谷と原宿の街に響きました。

s-DSC_00061
高額の奨学金による借金を背負う学生が多いことから、「学費を下げろ!」「生活保障に税金使え!」の新コールも。野党を代表して最後まで歩いた国会議員たちには「野党は共闘!」「野党は頑張れ!」のコールが。渋谷も原宿も、デモの参加者が若いだけに沿道の反応も好意的。沿道から手を振ってくれる歩行者も。高校生たちの「T-n’s SOWL」も参加したこのデモ。春めいた青空に、新しい政治への希望を感じました。

s-DSC_0083

 

s-DSC_0001

 

s-DSC_0214

 

s-DSC_0240

 

s-DSC_0339

 

s-DSC_0105

 

s-DSC_0238

 

イベント トップに戻る