イベント(事務所スタッフより)

3 / 1312345...10...最後 »

映画「太陽の蓋」国会上映会


dsc_0020

11月29日(火)に憲政記念館で映画「太陽の蓋」国会上映会を昼・夜二部制で開催しました。

昼の部は国会日程で菅が参加できませんでしたが、夜の部は作家の中川右介さんとミニトークしました。

 

 

映画「太陽の蓋」府中上映会


 11月26日(土)夜、映画「太陽の蓋」府中上映会が府中グリーンプラザけやきホールにて行われました。土曜日の夜という日程でしたが広い会場一杯になるほどの多くの方々にお越しいただきました。

 上映会終了後には、脱原発弁護団全国連絡会代表で映画監督の河合弘之弁護士と菅直人衆議院議員によるミニトークが行われ、再生可能エネルギーを広げていくことが日本の未来に必要との話しがありました。

 

なお、各地から「太陽の蓋」自主上映を希望する問い合わせが相次いでいます。

ご希望の方は下記から詳細をご覧ください。

「太陽の蓋」自主上映のご案内

 

img_0702

▲上映会後のミニトーク

映画「太陽の蓋」小金井上映会ご報告


11月24日(木)、映画「太陽の蓋」の上映会が小金井市の宮路楽器ホールにて開かれました。

当初は夜の部の1回上映の予定でしたが、早い段階で予約で満席となったため、急きょ昼の部の開催も決定。

この日は朝から11月には珍しい雪が降り積もる中、昼夜ともたくさんの方にほぼ満席のお客様に足を運んでいただきました。

 

上映後は小金井市議会議員の鈴木しげおさんと菅直人がトークを行い、「映画に描かれていることは ほぼ真実」という話に、みなさん熱心に耳を傾けていただきました。

 

なお、各地から「太陽の蓋」自主上映を希望する問い合わせが相次いでいます。

ご希望の方は下記から詳細をご覧ください。

「太陽の蓋」自主上映のご案内

 

dsc_3478

 

 

府中市農業まつり@府中市郷土の森博物館


 11月19日(土)午前、府中市郷土の森博物館で開催されている第27回府中市農業まつりに行きました。

  会場には府中産の新鮮な農産物が多数販売されており、菅は柿、小松菜、梨、椎茸等袋が一杯になるほどの買い物をしていました。

 生産者の方から府中の農業の状況も教えていただきました。

 都市農地は地元の市民の方々に新鮮で安心安全な農産物の提供(地産地消)、環境保全、食育、地域コミュニティ、災害時の空間利用等数多くのことにつながっているので引き続き生産者・消費者の方々の声を聞いていければと思います。

 

img_0017

▲「おふくろのために」と大きな柿を買いました

 

img_0054

▲椎茸の試食に飛び入り参加。もちろん自宅用にも買いました。

 

img_0084

▲太陽光発電のブースでは技術的な話しを聞いていました

 

img_0129

▲イチジクジャム入りワッフルをいただきました。模擬店の方の愛情入りでおいしさ倍増!

 

img_0199

▲わなげに挑戦。床に跳ね返った輪がバウンドし3等に入る奇跡起きる!お孫さんのために景品のヨーヨーを獲得。

 

img_0217

▲小さいお子さんを連れた家族連れの方と話しました。子どもたちの未来のために頑張ります!

 

img_0252

▲会場では多くの方々と話すことができ、たくさんの買い物もできました

吉祥寺西コミセン文化祭


約1ヶ月に渡って武蔵野市内各所のコミュニティーセンター(コミセン)で開催されていた文化祭も終盤となりました。

小雨交じりの11月19日(土)、菅は吉祥寺西コミセンで開催された文化祭にお邪魔しました。今年から中道通り商店会の協力で始まった、福引にチャレンジしたり、コミセンが取り組む子供の居場所づくりの歴史を学んだりしました。最近の野菜価格の高騰も影響してか、地元野菜の直売コーナーには、多くの方が並んでおり、菅も美味しそうな長ネギを購入していました。

dsc_3351

プレールームでけん玉にチャレンジ

point-blur_20161119_130417

福引の結果はハズレ、思わず苦笑い

dsc_3346

ステンドグラスの作品について話を聞く

 

桜堤小学校校舎お別れ内覧会・コミセン文化祭


11月12日(土)、平成8年3月に廃校になり、その後市民活動などに活用されたきた旧武蔵野市立桜堤小学校が、来年1月に解体されることにともない開催された「校舎お別れ内覧会」に伺いました。会場は多くの卒業生や教職員OBOG、地域の方々などで大いに賑わっていました。
解体後の跡地は、児童数が増加している武蔵野市立桜野小学校の第二校庭などに活用された後、公園用地としての活用が考えられているとのことです。

dsc_3257

 

この日も、市内のコミュニティーセンター(コミセン)では、文化祭の真っ盛り。菅も桜堤コミセンと関前コミセンにお邪魔させて頂きました。桜堤コミセンでは、利用者の皆さんの作品を観賞した後、盛り上がる芸能大会でご挨拶もさせていただきました。関前コミセンでは、フリーマーケットで商品を購入したり、子供たちとも交流し、利用者や運営者の皆さんと、手作りの美味しい鯛焼きを頂きながら懇談するなど、楽しいひと時をすごしました。

dsc_3258

利用者の皆さんの作品を観賞@桜堤コミセン

dsc_3261

芸能大会でご挨拶@桜堤コミセン

dsc_3267

子供達からのサインのお願いに応じる@関前コミセン

point-blur_20161116_114711

利用者や運営者の皆さんと懇談@関前コミセン

point-blur_20161116_114756

美味しそうなカレーの匂いに笑顔・・・残念ながら既に売り切れ@関前コミセン

 

 

ちはやふるin府中2016フェスティバル@府中の森芸術劇場


 11月12日(土)、府中の森芸術劇場・平成の間で開催されている「ちはやふるin府中2016フェスティバル」に行きました。

「ちはやふる」は競技かるたに情熱をかける少女たちの姿を描いた作品でテレビアニメ化や実写映画化がされています。

 会場には原作コミック、アニメ、映画に関する様々な展示があり、また「ちはやふる」の舞台である府中市の話題もあり、菅も興味津々に会場内の展示物をみてまわりました。

 特に主人公が府中市に住んでいる設定ということや分倍河原駅、片町文化センターなどが作品に登場するということで府中市が聖地の一つになっていることが本人の関心度を高めたようでした。

 オリジナルグッズを購入したり来場者の方とも作品や競技かるたについての話しもでき、楽しいひと時を過ごせたようでした

 少しの時間でしたが世界に誇れる日本のアニメや映画の文化に触れることができました。

 

img_9342

▲メガネを取り出して展示されている作品をじっくりみていました

 

img_9364

▲早い時間に行ったために競技かるたのデモンストレーションが見られず残念そうでした

 

img_9355

▲来場されていた方から「ちはやふる」と府中市のつながりについて教えていただきました

 

img_9339

▲大きな看板の前で来場記念に写真を撮りました

 

首都圏反原連の「1111再稼働反対!首相官邸前抗議」に参加


s-dsc_0119

 

11月11日に国会前と首相官邸前で開催された「1111再稼働反対!首相官邸前抗議 ‐原発時代終了 このまま止めろ‐」に参加しました。主催は首都圏反原発連合です。

菅は、ポーランドから脱原発運動の仲間が参加していることを紹介。

 

s-dsc_0093

 

そして、ドイツだけでなく台湾も新政権が脱原発を打ち出したこと。

もんじゅ廃炉の方針も決定されようとしていることから、「日本も次の段階に足を踏み込んでいます。皆さんの力で脱原発を実現しましょう!」とスピーチしました。

 

s-dsc_0177

 

福島原発事故を受けてもう5年半以上も毎週行われている官邸前デモの拡大版。

国会前では、多くの有識者や国会議員などがスピーチしました。

民進党、社民党、自由党、共産党の野党4党から参加した議員は、脱原発のための「野党は共闘!」コールに応えていました。

 

s-dsc_0188

 

 

 

 

 

 

学生と政治家の交流イベント「居酒屋ivote」に参加


s-img_4380%ef%bc%88%e5%b1%85%e9%85%92%e5%b1%8b%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%88%ef%bc%89

 

11月10日に新宿で開催された学生と政治家の交流イベント「居酒屋ivote」に参加しました。

 

 

「川田龍平君を励ます会2016」に参加


s-dsc05379

 

11月10日にホテルオークラ別館で開催された参議院議員の川田龍平さんを励ます会に参加しました。

菅は、川田さんが薬害エイズ事件の原告団として初めて実名を公表した際の厚生大臣でした。

 

s-dsc05384

 

その際、HIV訴訟の原告に対して大臣として初めて国の責任を認め謝罪しました。

その川田さんが、「いのちを守る政治」のために厚生労働関連の政策に一心に取り組んでいることに対して、これからも頑張っていただきたいと挨拶しました。

 

 

3 / 1312345...10...最後 »

イベント トップに戻る