市民政治レポート6月号外を発行 


●市民政治レポート6月号外を発行

 

5月は、細川・小泉両元総理の「原発ゼロ・自然エネルギー推進会議」の発足(7日)、福島第一原発の故吉田昌男所長(当時)が政府事故調に証言した「調書」が新聞報道で公になる(20日)、大飯原発差し止め訴訟で福井地裁が再稼働を認めない判決を下す(21日)など動きの多い1カ月でした。ご一読ください。

 

6月号の記事は、
・大飯原発再稼働認めず -大飯原発差し止め訴訟判決公判を傍聴-
・事故調資料の公表を -新聞報道の「吉田調書」で新たな事実が公になる-
・「世界一の基準」 新たな安全神話へ(毎日新聞 特集ワイド)
・<鼎談>河合弘之・阿部知子・菅直人 「保守革新を超えた脱原発国民運動に期待する」
他に、雑誌でのエコカンハウスの紹介や、小金井や名古屋での講演の記事など全8ページで掲載しております。

 

レポート全文はリンクよりご覧ください。(PDF) 市民政治レポート6月号外

市民政治レポート トップに戻る