第1回「世界ご当地エネルギー会議」@福島に参加


%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%94%e5%bd%93%e5%9c%b0%e3%82%a8%e3%83%8d%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%83%bc%e4%bc%9a%e8%ad%b0%e5%8f%b8%e4%bc%9a

 

11月3日に福島で第1回「世界ご当地エネルギー会議」が開催されました。

「地域が中心となって進める自然エネルギー」のことを『ご当地エネルギー(コミュニティパワー)』とも呼びます。そのリーダーたちがドイツなど世界30カ国から約100人が大集合!  国内からは各地でご当地エネルギーに取り組む皆さんや自治体の首長ら200人以上が参加しました。

 

s-20161027_34

 

菅は、主催団体のひとつ世界風力エネルギー協会(WWEA)のステファン・ゼンガー会長らによる基調講演とドイツ連邦環境庁のハリー・レーマンさんらによるハイレベルパネルに参加しました。その合間には、自然エネルギーや脱原発の視察でデンマークやドイツで会った人たちとも再会。写真は、WWEAから2016年栄誉賞を受賞した環境エネルギー政策研究所所長の飯田哲也さんらと。

 

%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%94%e5%bd%93%e5%9c%b0%e3%82%a8%e3%83%8d%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%83%bc%e4%bc%9a%e8%ad%b0%ef%bc%88%e9%a3%af%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%a8%ef%bc%89

 

主催者で会津電力社長の佐藤彌右衛門さんによれば、会津地方はもともと水力電力の能力が高いそうです。これに他の自然エネルギーを組み合わせれば再生エネ100%の新電力が可能になります。それが実現すれば新たな雇用を生み、原発に代わる福島再生の大きな力になるはずだと菅は考えています。

原発・エネルギー トップに戻る