アメリカの大統領選


アメリカの大統領選が迫ってきた。トランプ候補のような暴言を吐き、対立を煽るような人物が善戦していること自体に危機感を覚える。

日本でも他の国でも同様な傾向が強くなっている。多くの人が社会にフラストレーションを感じており、暴言を吐いて既成の政治家を小気味好く罵倒する候補を応援することで、そのフラストレーションの解消を求めているように思う。

安倍総理の国会答弁にもそうした傾向が強い。質問に答える前にまず相手の政党を罵倒して、話を本質からずらす。安部総理も1期目の時には比較的まともに答えていたが、再登場してからはひどい答弁に変わった。アベノミクスの失敗が明らかになっても絶対にそれを認めない。理屈ではなく相手を非難しやり込めることではぐらかす。
しかし多くの国民もそろそろその安倍総理のそうした態度に嫌気を感じてきている。

今日の一言 トップに戻る