吉祥寺の武蔵野商工会館で講演「原発再稼働でこの国は大丈夫か」


s-img_3095

 

10/30、菅は吉祥寺武蔵野商工会館で講演しました。テーマは「原発再稼働でこの国は大丈夫か~浜岡原発の停止から再生可能エネルギーの促進まで~」。主催は、安田塾(「教育・社会」問題研究会)。これまでも5回にわたって「原発」問題を取り上げてきています。

 

s-img_3097

 

菅は、首相として陣頭指揮を執った福島原発事故で「最悪のシナリオ」の場合、福島から(東京を含む)250km圏内の5000万人が長期に渡って避難せざるを得ない恐れがあったこと。総理として浜岡原発を停止するまでの経緯から最近の原発をめぐる新しい動きなど。

 

ss-img_3099

 

再生可能エネルギーの「固定化価格買い取り制度(FIT)」導入の経緯と台湾での新しい動きなどを紹介しました。講演の始まりと終わりには、映画『太陽の蓋』の予告編やスピンオフ映像なども上映されて、参加者からは活発に踏み込んだ内容の質問が続きました。

 

 

視察・講演 トップに戻る