尊厳保障とは何か


民進党内に、前原誠司氏を会長とする「尊厳ある生活保障改革総合調査会」がスタート。井手英策慶応大学教授からまず話を聞いた。

 

井手教授の自論である、高所得者も低所得者も同じ率で税負担し、同じ額に相当するサービスで再分配するという考え方。こうすれば一部の人だけの負担が増えて貧しい人だけが給付を受けるのではなく、全員が受給者になるので反対が少なく、すべてが人が納得できる再分配が可能だという。そして結果的には格差も大きく是正されることになる。示唆に富む理論だ。

 

急激に中間層が貧困化している日本をどうすれば国民的理解を得ながら、将来を安心できる日本社会に建て直しできるか。民進党としての本格的な議論が始まったと感じた。

 

私にとってはこの議論は「最大多数の最小不幸」の実現という長年の命題そのものだ。

 

 

今日の一言 トップに戻る