むさしのあったかまつり・コミセン文化祭に参加


秋の武蔵野市では、市内各所でベントが盛り沢山です。菅も駆け足でしたがイベントに参加させてもらいました。

10月22日、社会福祉法人武蔵野が主催する「むさしのあったかまつり」では、今年初の取り組みとして開催された模擬選挙「あったか街市長選挙」で投票。模擬投票と言っても市の選挙管理委員会が協力し本格的なもので、菅も真剣に選挙公報を読み込んでいました。他にも障がい者の皆さんが作られた作品を観賞し、人生初の押し花の栞作りにも挑戦しました。

 

dsc_2978

「あったか街市長選挙」選挙公報と投票用紙

dsc_2981

障がい者の方が作られた作品を観賞

dsc_2982

人生初の押し花栞作りに挑戦

dsc_2983

マルシェ広場の物販にもお邪魔しました

 

本町コミュニティーセンターと西久保コミュニティーセンターの文化祭にもお邪魔しました。本町コミセンでは、お花や書道、のど自慢を楽しみ最後には、福引にも挑戦・・・・・・しましたが、残念ながら一等賞とはなりませんでした。西久保コミセンでも、プロ顔負けの写真や、お花や書道、絵手紙を観賞し、市民の皆さんと山や旅の話で盛り上がりました。

 

dsc_2990

芸能発表会でご挨拶@本町コミセン

dsc_2994

福引の景品の残念賞ポケットティッシュをもらい大笑い@本町コミセン

dsc_2997

絵手紙を観賞@西久保コミセン

イベント トップに戻る