核燃料サイクルの抜本見直し


 昨日は午前中、環境委員会で質疑に立ち、午後には原発ゼロの会主催の「正当性なき原子力延命策を問う」の会に出席。

 

  環境委員会では環境大臣兼原子力防災担当大臣の山本公一氏に伊方原発の避難計画について問うた。伊方原発は山本大臣の地元の愛媛4区の中にある。海路の避難について台風や津波の時には困難であることを認めながら、それでも原発の再稼働は必要という答弁。地元住民の安全を考えていないことがはっきりした。

 

  原発ゼロの会には閣僚から外れた河野太郎議員も久しぶりに参加。もんじゅの廃炉が確定的になる中で、使用済み燃料からプルトニウムを取り出す再処理もやめるべきという意見が多く出たが、出席したエネ庁の担当者はエネルギー基本計画などから再処理は必要という苦しい答弁を繰り返していた。

 

  もんじゅの廃炉、再稼働に慎重な新潟県知事の誕生など、核燃料サイクルの抜本見直しのチャンスだ。

 

  

今日の一言 トップに戻る