脱原発への大きな一歩


 新潟知事選で再稼働に慎重な泉田知事の路線を踏襲する米山候補が当選。日本の脱原発に大きな一歩だ。

 

 新潟の柏崎刈羽原発サイトには7基の原発があり、日本でも世界でも最大。これまで原発立地県の地元県知事の反対があって原発再稼働を強行して例はない。住民に安全な避難については電力会社も原子力規制委員会も責任を持たない。責任を持つのは地元自治体。その責任者が反対すれば当然再稼働はできない。

 

  これまで、原発の是非が最大の争点となった国政選挙はなかった。今回にお新潟知事選では再稼働の是非が最大の争点となり、慎重派の米山候補が当選。鹿児島県の三反園知事に続いての快挙。これからに原発立地県の知事選では最大の争点になるだろう。次期国政選挙でも原発の是非を最大の争点とする選挙となれば、脱原発が実現できるはずだ。

今日の一言 トップに戻る