自民党推薦候補に再稼働の判断は任せられない


  昨日は新潟市での「太陽の蓋」の上映会に参加し、それに加えて米山知事候補に会い、記者団の前で激励した。

 

 自民党の推薦する候補者は、再稼働に反対する県民が多いという報道を気にして、選挙戦後半になって再稼働に対してより厳しい発言を始めた。しかし推薦する自民党は住民の安全よりも電力会社の利益を重視し、再稼働を急がせようとしている。自民党の推薦を受けて当選した知事では泉田知事の路線を継承することはまず無理だ。

 

 私は、衆議院の原子力問題特別委員会に属しているが、原発立地地域の自民党議員は、事故発生時の住民の安全確保についてはほとんど触れず、地域経済のために早く再稼働を認めるべきという質問ばかり。新潟選出の自民党議員も住民の避難計画の不十分さを無視して、今の規制基準で安全性は十分確保されていると主張している。関心のある人は原子力奥別委員会の議事録を見てほしい。

 

  原発は「安全で安い」という神話が今や完全に崩れ、「危険でその上コストも高い」ことが明らかになっている。電力会社の目先の利益のために、二度と福島の悲劇を繰り返させてはならない。

 

 

今日の一言 トップに戻る