『太陽の蓋』上映会・11月に都内4カ所で + 自主上映のご案内


3.11「史上最悪の危機」を迎えた日、官邸内で何が起きていたのか。

「太陽の蓋」は福島原発事故発生からの5日間を描いた映画です。

菅直人を含め、当時の閣僚たちが実名で登場。

総理である菅の役は三田村邦彦氏が演じています。

 

7月16日から一般公開されましたが、現在、一般映画館での上映がひと段落し、自主上映会が全国で企画されています。

自主上映を検討・希望される方は、ココをクリックして詳細をご覧下さい。

 

菅の地元である府中市、武蔵野市、小金井市、そして都心では、11月に集中的に自主上映会を開催します。

 

一般上映を見逃した方、関心のある方は、この機会にぜひご覧ください。

公開劇場とスケジュールは下記のとおりです。

 

<武蔵野>

日時:11月1日(火)19:00~21:30(開場18:30)

場所:武蔵野スイングホール(JR武蔵境駅北口 徒歩2分)

 

<小金井>

日時:11月24日(木)18:30~21:00(開場18:00)

場所:小金井宮地楽器ホール 小ホール(JR武蔵小金井駅南口 徒歩2分)

 

<府中>

日時:11月26日(土)19:00~21:30(開場18:30)

場所:府中グリーンプラザ けやきホール(京王線府中駅北口 徒歩1分)

 

<国会>

日時:11月29日(火)第1回13:00~15:30(開場12:30)              第2回17:00~19:30(開場16:30)

場所:憲政記念館 講堂(地下鉄国会議事堂前駅・永田町駅 徒歩5分)

 

案内チラシは こちら から。

 

また、上映会を企画したい方がいらっしゃいましたら、下記へお問い合わせください。

▶自主上映のお申込み、詳細はここから。

 

 

告知(イベント) トップに戻る