再臨界の懸念について


  名誉毀損裁判で問題とされた再臨界について説明しておく。

 私が3月12日の午後6時からの会議で専門家である班目原子力安全委員長に「再臨界の可能性はあるか」という質問をし、委員長は「可能性はゼロではない」と答えた。

 

  このとき同席していた原子力の専門家は班目氏と、その後海水注入の中止を吉田所長に命じた東電の武黒フェローの二人だけ。裁判ではそれ以外の同席者のその後の証言をいろいろ取り上げているが、原子力の専門家でない同席者は私の指摘した「再臨界の可能性」の意味を取り違えて証言している。。つまり私が心配したのはメルトダウンし、さらに圧力容器を突き抜けてメルトスルーした溶けた核燃料が、格納容器の底にたまり、大きな塊となって再臨界を起こす可能性についてだ。

 

 東海の再臨界事故は液状の核燃料が大きな塊となったことが原因で発生した。専門家の班目委員長は私に質問の意味を分かって答えておられた。しかし、裁判で提出された専門家以外の人の証言を見ると、圧力容器の中の燃料が再臨界を起こすことを私が心配したと理解したようだ。私が心配したのは圧力容器の中ではなく、格納容器の底での再臨界だ。

 

 それではなぜ私が、格納容器の底での再臨界を心配したのかを説明する。今日では、1号機のメルトダウンは3月11日の午後6時ごろから始まっていたということを東電も認めている。私が「再臨界に可能性」を心配したのは3月12日午後6時からの会議で、メルトダウンが始まって24時間経過しており、この時点ではメルトスルーして格納容器の底に核燃料がたまっていた可能性が高い。

 

 当時東電からメルトダウンしているという報告はまだなかった。しかし、住民避難の範囲を決める原災本部の本部長としては最悪のケースを考えておくことが必要と考えて、班目委員長に質問したのだ。今分かっていることから見ても、格納容器の底にたまった核燃料の再臨界を心配するのは決して的外れのことではない。

 

  東京高裁の判決の中で、私が「本来問題にする必要のなかった再臨界の可能性を強い口調で問題にした」ことが「間違った判断」の理由とされている。しかしこれまでの説明で、再臨界を心配することが「間違った判断」とは言えないことが理解していただけたと思う。

 

 なお、今でも1,2,3号機の格納容器の底には溶けて冷やされた核燃料がたまっており、廃炉の作業の過程で再臨界が起こることを心配する原子力専門家がいる。

今日の一言 トップに戻る