台湾の実験に注目


  台湾は日本と比べると人口で5分の1、面積で10分の1の島国。エネルギー資源の大半を輸入に頼っている点でも、人口密度の高い島国である点でも日本と似ている。


  この台湾が原発比率16%の現状から、2025年には原発ゼロを実現するという方針を蔡新政権は公約し、推進している。これがうまくいくかどうかは日本の原発ゼロを進める上で、参考になるので注目している。


  ポイントは再エネの拡大と、それを進めるための電力供給体制の改革だ。台湾では国営企業の台湾電力が発電、送電、小売を全て行っている。送電網を開放して再エネ発電事業の新規参入を可能にする改革が必要だ。


  日本では九電力以外の発電事業者と小売事業者が増えているが、送電網を九電力が独占しており、新規の発電業者の送電網への接続を制限しようとしている。通信事業でもかつては電電公社が通信網を独占していたが今日ではソフトバンクやKDDIが参入できるように変わった。


  送電網をどの電力事業者でも公平な条件で利用できるようにする事が日本でも重要だ。

今日の一言 トップに戻る