3人の候補者に期待すること


   民進党代表選が昨日から始まった。テレビなどマスコミも大きく報道されている。女性候補の蓮舫さん、ベテラン候補の前原君、若手候補の玉木君、それぞれが持ち味を生かしてしっかりした議論を展開してくれている。

  私は2人の候補の一騎打ちよりも3人の候補の論争のほうが国民に伝わりやすいと考えて、第三の候補玉木君の推薦人となったが、テレビなどでの討論を見ていて、やはり3人でよかったと感じている。特に玉木君はまだ一般の人にはあまり名前も知られていないが、民進党にはこうしたしっかりした若手もいるのだということを知ってもらうだけでも大きな効果だ。

  またオリンピックも終わり、臨時国会も始まらない今の時期は、マスコミの報道が代表選に集中する可能性が高い。その点からも3人の候補者がこの2週間、全国を駆け巡って論戦を繰り広げることは民進党が国民に理解され、信頼される上で貴重なチャンスだ。

  私が注目しているのはアベノミクスに対して3候補がどういう対案を提示できるかだ。私の考えでは日本が総中流と言われた時代は、企業も社員のためにあるという感覚が経営者にも強かったように思う。近年は経営者は株価総額を上げることができるかどうかなど、株主の顔ばかり見て経営をしている。だから経営者は賃金の低い非正規雇用ばかり拡大し、いくら儲かっても内部留保に回して実質賃金は低下している。そして株価を上げた経営者には何億円という莫大な報酬が払われるようになった。アベノミクスはそうした政策ばかり推奨し、結果として貧困層の拡大で個人消費は伸びず、デフレは止まらない。

  3人の候補者もこうした経済、社会政策にかなり力を入れている。玉木候補は子供の保育や教育費など全てを無料化するため、その財源として子供国債の発行を提案している。公共事業に充てる建設国債よりも長期的に見れば経済効果も高いと主張。財務省出身でもある玉木君らしい提案だ。  

今日の一言 トップに戻る