小池候補の冒頭都議会解散発言は小泉流刺客作戦のパクリ


  都知事選で小池候補が「都議会冒頭解散」と発言したのは小泉総理の郵政選挙での刺客作戦のパクリだ。


  2005年、小泉総理は郵政民営化法案が参議院で否決された直後、衆議院を解散。法案に反対する自民党衆議院議員を除名し、その選挙区に刺客候補を送り込んだ。


  小泉総理の呼びかけに応じて、いの一番に刺客に名乗りを上げたのが小池氏。この郵政選挙で、マスコミは郵政民営化の是非そのものよりも、「刺客騒動」を連日報道し、その結果小泉自民党が大勝した。

 

  小池氏はこの時の真似をしようと、「都議会冒頭解散」を宣言。都議会が解散になれば自分に反対する自民党候補に刺客候補をぶつけると言ってマスコミの関心を引くことに成功。したたかなパフォーマンスだ。


  最近の選挙は「視聴率選挙」と呼ばれるように、候補者の政治理念や政策よりも、選挙の直前にテレビの視聴率が取れるパフォーマンスをした候補が有  利になる。選挙直前のパフォーマンスではなく、候補者の過去と現在の言動を比べてみれば、本物と偽物の区別はつく。サンダース氏のように一貫した政治理念を持った候補者は3人のうち誰かを考えて、投票してほしい。


  

今日の一言 トップに戻る