続鳥越発言に対する強烈な反応


  鳥越発言に対して小池陣営も増田陣営も無言を決め込んでいる。

  小池陣営はこれまで鳥越陣営に色々とかみついていたが、原発問題になると突然沈黙。安倍総理にすり寄り、自民党都議団とは対立劇を演じる小池候補からすると、原発に関しては安倍総理に歩調を合わせて推進で行くしかない。それをごまかすために沈黙している。

  増田候補は立候補直前まで東電の社外取締役。東電の利害関係人が東京都の知事に立候補すること自体が問題だ。当選すれば東電の利益を擁護する立場に立つことは間違いない。

  私のツイッターにも多くの意見が来ている。東電を擁護するために、都知事には原発に関して権限がないと強調する一団がいる。東電が事故により東京都民に被害を与えても都知事は黙っていろと言わんばかりの論調だ。知事は都民の安全を守るのが役目。そのために東電に言うべきことを言うのは当然だ。250キロ県内にある新潟の柏崎刈羽原発は停止したまま廃炉すべきというのは多くの都民も同感だと思う。

  東電は一民間企業という形態をとっているが、経済的にだけでなく政治的に極めて大きな影響力を保持している。私に対する安倍晋三議員の海水注入を止めたという虚偽情報も東電本店が持ち込んだことが分かっている。東電にとっては新潟の柏崎刈羽原発の再稼働が何よりも重要と考えている。それだけに鳥越都知事が誕生することを何としても阻止したいと暗躍している。

  今回の鳥越発言に対する強烈な反応の背景には、原発王国を守り抜きたいとする原子力ムラと脱原発を望む国民の熾烈な戦がある。  

今日の一言 トップに戻る