鳥越候補、絶好のスタートダッシュ


 鳥越候補は立候補決定はギリギリだったが、7月14日スタートの選挙戦はいくつかの点で絶好のスタートとなった。

 第一は宇都宮陣営との一体化が実現したこと。昨日配布された選挙ビラに「〝困った”を希望に変える東京へ」という宇都宮さんの考えが盛り込まれている。前回宇都宮さんを支援したグループの多くが次々と鳥越さん支援を表明している。

  第二は無党派市民が前面に出て、支援政党は下支えに回った選挙スタートになったこと。第一声も鳥越候補以外で演説をしたのはシールズの奥田君だけ。これからもどこまで無党派層に支持が広がるかがカギとなることは間違いない。

  そして第三は、ジャーナリストであった鳥越さんの「聞く耳を持つ」という第一声での発言。どうしても政治家や官僚出身の候補者は自分がいかに政策に詳しいかということを強調する。しかし、ジャーナリストは色々起こっていることを取材して伝える仕事。まずは当事者から話を聞くことから始まる仕事だ。新しい都知事にとって都民の声をまず徹底的に聞くことは何よりも重要であり、鳥越さんはぴったりの適性がある。

 

今日の一言 トップに戻る