東京都知事選、鳥越俊太郎の第一声に参加


s-DSC04266

 

菅直人は、7月14日に新宿駅東南口で開催された東京都知事選の鳥越候補による「第一声」に参加。

握手を求めるみなさんに「鳥越さんをよろしく」とお願いしました。

真夏の陽射しの下、大勢集まったの聴衆に向けて、最初に参院選でも大活躍したSEALDsの奥田愛基さんがスピーチしました。

 

s-DSC04226

 

「宇都宮さんの政策を引き継いで鳥越さん一本にしていくという宇都宮さんの決断を見て、ここに立ちました。」

「みなさん、自分たちの選挙にしていきましょう!」

鳥越さんは、「安倍政権のもと格差、非正規雇用が増えています。『住んでよし、働いてよし、環境によし』の東京を創りたい。」と決意を語りました。

 

s-DSC04267

「みなさんの声を聴かせて欲しい。私は、耳を傾ける都知事になります」。

そして、「宇都宮さんの『“困った”を希望に変える』というキャッチコピーを使わせてただきます」と訴えました。

公示日の前夜、タイムリミットのギリギリに実現した「野党統一候補」に聴衆は沸きました。

 

 

イベント トップに戻る