鳥越さんの第一声「私は聞く耳を持っている」


 鳥越候補の都知事選第一声が新宿で行われ、私も参加した。鳥越さんは、「私の長所は聞く耳を持っていること。舛添さん、猪瀬さんは持っていなかった。石原さんはもっと持っていなかった。」と演説。ジャーナリストを長年務めてきた経験から、話を聞くことに関してはどの候補よりも自分はやれるとの話には説得力があった。


  支援する政党の代表は壇上で紹介されたが、応援演説はシールズの奥田君一人。出馬を辞退された宇都宮さんの政策を、鳥越さんが引き継ぐ形になったので応援に立ったと話してくれた。鳥越さんの演説でも「“困った”を希望に変える東京へ」という宇都宮さんの言葉を受け継いで、話していた。


  東京生活者ネットや緑の党など4野党以外の団体からの鳥越氏推薦も急速に拡大してきている。私はそうした無党派市民グループとの橋渡し役をするようにと言われ、全力を挙げている。


  すでに、がんサバイバーのグループから鳥越さん応援の集会の企画も提案されている。鳥越さんが知事に当選したときにやってもらいたい政策テーマを抱えている団体には、聞く耳を持っている鳥越さんに聞かせたいので、集会などを企画して、提案してほしい。できる範囲で対応するようにしたい。

今日の一言 トップに戻る