「安倍政権NO!0618新宿大街宣」で参院選に向けてスピーチ


s-DSC_0128

菅直人は、6月18日に新宿駅東口で開催された「安倍政権NO!0618新宿大街宣」で民進党を代表してスピーチしました。「安倍政権NO!」キャンペーンでは、脱原発や反TPP、安保法制反対など様々なテーマに取り組む団体が連帯して、暴走する安倍政権にNOを突きつけています。http://abe-no.net/0618/

s-DSC_0106

司会は、T-nsSOWLの福田龍紀君でした。菅は冒頭に、昨年の夏に国会前で盛り上がった安倍政権の安保法制に反対する運動について触れました。そして、SEALDsやT-nsSOWLなど若者たちが立ち上がってくれたことで、「民主主義の新しいページが開いた」と訴えました。

s-DSC_0162

この前日には、東電が(福島原発事故の当初に)「炉心溶融」を認めなかった件に関する報告書がテレビや新聞で報道されました。これついて「すべて事故当時の官邸に責任を押し付けようとしている。再稼働を進める安倍政権の原発推進の現れではないか」と述べました。http://iwj.co.jp/wj/open/archives/310107

s-DSC_0216

菅は6月22日に告示される参院選では、すべての1人区で野党候補が一本化できたことに触れました。そして、野党共闘で都知事選でも力を集めて都政、国政を変えよう!と訴え、共産党の参議院議員吉良よしこさんや生活の党の前衆議院議員青木愛さんと手をつなぎました。

s-DSC_0682

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベント トップに戻る