英国外務大臣付気候変動特別代表の話


●気候変動とエネルギー政策の課題

 

菅も参加する「原発ゼロの会」(原発ゼロ実現への思いを共有する超党派の国会議員連盟)と国会エネルギー調査会準備会共催による第40回国会エネルギー調査会(準備会)に出席しました。

 

調査会に出席する菅直人(写真右3人目)

調査会に出席する菅直人(写真右3人目)

 

英国外務大臣付気候変動特別代表のサー・デービッド・キングさんより、「気候変動とエネルギー政策」、「食糧・エネルギー安全保障の課題」についてご講演を頂き、日本が直面するエネルギー政策の課題について議論しました。
日本政府は4月11日にエネルギー基本計画を閣議決定しましたが、一方で、国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」は3月末に横浜で開催した総会等で第5次報告書に向けた各作業部会の報告書を公表し、地球温暖化の厳しい現状を示すとともに政策変革の差し迫った必要性を指摘しています。

 

本人のブログ「今日の一言」にデービット・キングさんの話を聞いての感想が載っていますのでお読みください。

『気候変動と原発』→ http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11849640381.html

 

【参考】「国会エネルギー調査会準備会」のHP

http://www.isep.or.jp/news/6355

原発・エネルギー トップに戻る