オバマ大統領の広島訪問


  オバマ大統領の広島訪問は大変良かった。原爆死没者慰霊碑での演説も、予想を超える長さで、内容的にも意味深いものであった。特に、「米国の様な核兵器保有国は、恐怖の論理にとらわれず、核兵器なき世界を追求する勇気を持たなければならない」と述べたことはオバマ大統領の理想主義が現れていると感じた。


  日本は唯一の被爆国で、核兵器廃絶を世界に訴えてきた。そして、原発に関しても世界で最も大きな福島原発事故を起こした。しかし、それでも脱原発に舵を切ることに反対する勢力がまだ大きな力を持っている。


 その勢力の中には、原発を持つことが核抑止力になるという考えが根強くある。つまり、原発の使用済み燃料からプルトニウムを取り出す再処理技術を持つことで、日本は核武装の能力を持つことになり、それが核抑止力になるという考え方だ。まさに「恐怖の論理にとらわれず、核兵器なき世界を追及する勇気」とは逆の論理だ。


 広島、長崎の被爆を体験し、福島原発事故を体験した日本こそが、核兵器と原発の「二つの非核」を強く主張し、実践すべき国であるべきだ。

今日の一言 トップに戻る