NO!からYES!へ


  ダブル選挙を前に、ポジテイブな政治の動きが強まってきた。


 若いママの発言から待機児童を無くすための保育政策や、シールズの学生の奨学金による借金の話から給付型奨学金が焦点になってきた。与党も無視できなくなって、実現可能性が高まってきた。


  市民連合を軸にした野党統一候補の動きも広がっている。安保法制や立憲主義に反する憲法改正など「安倍政治にNO!」という主張だけでなく、これからは、若者に平等なチャンスと高齢者の安心を実現する、「YES!」といえる政策連合の動きだ。


  

今日の一言 トップに戻る