幅広い安倍自民党包囲陣の構築


 

 幅広い安倍自民党包囲陣構築に向けて

 

安倍自民党から疎外された保守系有力政治家や有力な言論人が、あまりにもひどい今の安倍自民党に危機感を覚え、安倍自民党包囲陣を目指して動き出した。その動きが表面に出たのが安倍憲法改正阻止の一点で幅広い選挙のための統一政治団体を作ろうという小林節教授の動きだ。


民進党は民主と維新の統一を成し遂げたばかりで、それ以上は選挙協力の範囲で対応したいというのが一般的な今の姿勢。しかしここは考えどころだ。


元々保守系と見られていた政治家、言論人から民進党、社民党などが結集した政治団体を作り、それに共産党も協力する形で衆参選挙に臨む大政治集団が出来れば国民の見る目は変わってくる。



1993年の細川連立政権はまさに国民がびっくりする連立だった。総選挙直前に自民党離党した政治家が作った新政党、新党さきがけに、総選挙後、それまで野党であった社会党、公明党、民社党、社民連が連立して、非自民の細川政権を生み出した。自民党長期政権が変わったとして国民は細川政権を温かく迎えた。



立憲主義を踏みにじる憲法改正に突進する巨大安倍自民党に危機感を抱いている国民は多い。自民党と与党のうまみから離れられなくなった公明党連合軍と戦うにはこちらも腹をくくらなくてはならない。

今日の一言 トップに戻る