高浜原発運転期間:原則は40年、延長は例外


 

  福島原発事故後に改正した原子炉規制法では原発の運転期間は原則40年と決めている。その理由は中性子を長年浴びると原子炉の壁を構成している金属は劣化して壊れやすくなる。そのため、安全性を考えて原則40年としたもの。運転期間延長は例外で、極めて厳格な安全確認が必要になるはずということを田中原子力委員長に確認した。


  委員長は両原発の新規制基準の審査でも工事認可はまだで、電気ケーブルを燃えにくいものに取り換えるなどの安全対策には巨額の費用が掛かることを指摘。


  中性子照射による金属劣化についても、私の方から関西電力が約10年前の30年目に運転開始から60年時点を予測したデータに対し、同じ関西電力が示した、昨年40年目に60年時点を予測したデータでは安全性判断にとってより厳しい内容になっていることを指摘。


  高浜原発1号機、2号機はすでに運転開始から40年を超えている。延長については法改正があった後の経過措置により今年7月7日までに審査を終えることになっている。両原発に対し、運転期間の延長という例外的な措置を認める条件はとても満たしているとは思えない。

今日の一言 トップに戻る