浜岡原発停止から5年


  浜岡原発について2011年5月6日に停止要請をし、中部電力が5月9日に受け入れを表明。同月14日に停止して約5年が経過した。


  南海トラフ地震の想定震源域にある浜岡原発。30年以内に高い確率での巨大地震の発生が予測されている状態は今も変わらない。福島原発事故と同様の放射能汚染事故が発生すれば福島以上の大規模な避難が必要となり、更には日本の大動脈東海道新幹線も東名高速も長期間使用できなくなる可能性が高い。


  九州熊本の地震の拡大が今も心配されている。原発事故が起きれば電力会社の責任で解決することができないことは福島原発事故で明らか。その上、原発が再稼働すれば最終処分地も決まっていない新たな核廃棄物が生まれ、将来に経済的にも安全面でも大きな負担を残す。更には原発が稼働しなくても国民生活や経済活動に大きな支障がないことがすでに証明されている。


  それを、電力会社の目先の利益だけを考えて原発再稼働させることが国民にとって本当に良い事なのか、大局的観点から考えれば結論ははっきりしている。

今日の一言 トップに戻る