脱原発を進める消費者の選択


  

  電力の小売り自由化が始まったので、消費者は電力を購入する会社を選ぶ事ができる。脱原発を進めるために消費者はどう行動するのがよいかを考えている。


 太陽光や風力といった再生可能エネルギーによる電力だけを扱う会社から電力を購入する事が理想だが、まだ供給力が少ない。


 電力事業に詳しい広瀬隆さんは、,原発を所有する九電力から電力を購入せず、原発を所有しない新電力から購入する事だけでも脱原発に大きな効果があると言う。

  つまり、家庭用電力の小売価格は産業用電力に比べてかなり高く設定されており、原発を所有する九電力はその利益の大半を家庭用電気から得ている。参入する新電力が九電力に比べて安い家庭用電力価格を提示できる理由がここにある。


 そこで家庭用電力を購入する消費者が原発を所有しない新電力に移れば、原発を所有する九電力の利益が大幅に減り、原発事業が継続できなくなるはずという。


  新電力にはガス、石油、通信など多くの業界が参入しており、選択の幅は大きい。電力小売り自由化で小売価格の競争が始まり、九電力が発電原価に利益の載せた小売価格を独占的に設定できる総括原価方式が崩れたのだ。


  消費者の選択で脱原発を実現する道が見えてきた。

今日の一言 トップに戻る