「核エネルギー廃絶への勇気賞」授与の理由


   シェーナウ電力会社は私に「核エネルギー廃絶への勇気賞」を授与する理由として次のような手紙を送ってくれた。

 

 

     「この賞は、環境に優しいエネルギー分野において政治的に大きな意味を持つ賞としてドイツ初めての賞です。また当賞は、グローバルな意義を有するドイツのエネルギー政策転換が、残念極まりない日本での原発大参事がゆえに可能となったことに対する印としての賞でもあります。(中略)当賞の授与は広い意味で、エネルギー転換を日本にも導入するために労する、環境への自覚ある姿勢を持つ日本の市民の皆様全ておよび優れた技術者と有能な政治家の方々の、共同作業を一層勇気づけることを目指しています。」

 

 

      原発事故の大参事で被害を受けた人たちを思い、脱原発のために頑張っている日本市民全てに授与された賞だと受けとめている。

 

 

      世界は福島原発事故から多くを学んでいる。中でもドイツはいち早く2022年原発ゼロを決め、再生可能エネルギーへのエネルギー転換に向け世界の先端を走っている。それは多くの技術革新を生み、経済的にも大きな成果を上げている。今や再エネへのエネルギー転換は世界の潮流だ。

 

 

     福島原発事故から最も学ばなければならない日本が、脱原発に踏み切れず、石炭火力を増設するなどエネルギー転換にも消極的で、世界の潮流から取り残されつつあります。目先の利益しか考えていない安倍政権のエネルギー政策を根本的に変える必要があります。そのためには政権交代がもう一度必要です。

今日の一言 トップに戻る