原子力災害時の避難計画・集団的自衛権


●原子力災害時の避難計画等について考える

  

 菅も参加する「原発ゼロの会」(原発ゼロ実現への思いを共有する超党派の国会議員連盟)と国会エネルギー調査会準備会共催による第39回国会エネルギー調査会(準備会)に出席しました。

今回は、原子力災害に備えた地域防災計画・避難計画等の策定や実効性の確保や評価について、資源エネルギー庁などの担当者から話を聞き、参加者と意見交換をしました。

 

反し

地域防災計画について話を聞く

 

●新外交イニシアティブの集会に参加

  

新外交イニシアティブ(ND)が主催した『今なぜ、集団的自衛権のか -安全保障の最前線から考察する-』としたテーマの集会に参加し、「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会(安保法制懇)」が憲法解釈の変更を求める報告書を提出するこの4月、政府の最前線で安全保障の実務に携わってきた柳澤協二さん(元内閣官房副長官補・元防衛庁官房長)の講演や、鳥越俊太郎さん(ジャーナリスト)山口 二郎さん(法政大学教授)とのディスカッションを聞きました。

 

本人のブログもご覧下さい。

『新外交イニシアテイブと原発ゼロの会』→ http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11830865049.html

 

 

原発・エネルギー トップに戻る