大林宣彦さん(映画作家)にご紹介いただきました


●大林宣彦さん(映画作家)にご紹介いただきました

 

小学館発行の『サライ5月号(2014年4月10日発売)』の誌面『いまこそ読みたい「この2冊」』の中で、菅直人が2月に出版した「菅直人『原発ゼロ』の決意」への書評を大林宣彦さんが書いています。

 

書評の中で大林さんは、福島原発事故への対応に関して、我が事として考えると「自分だったらどうしただろうか。しかも国を担う総理大臣だったら、どう決断しただろうかと。想像力を巡らせて考えていくと、結果の善し悪しを問うより、自分でも精一杯、一所懸命に同じようなことをしただろうな、と思われてくる。」と述べています。

 

※画像をクリックすると記事を読むことができます。

サライ140501

メディア トップに戻る