予算分科会で取り上げた電力小売自由化とMOX燃料


  2月25日の予算の分科会で取り上げた電力小売り自由化とMOX燃料の問題を今日の朝日朝刊が同じように取り上げている。


  1つは、電力小売り自由化になっても再エネによる発電量が少ないために、再エネ電力を個人の家庭で選ぶことが難しいという記事だ。

  安倍政権になって太陽光をはじめとする再エネ電力を、送電網に接続することを制限し始めた、再エネ電力の発電量が伸び悩んでいるためだ。再エネは地域経済にとっても活性化に有効であり、安倍政権の再エネ抑制策は間違っている。


 もう一つは使用済み燃料から取り出したプルトニウムを含むMOX燃料のコストがウラン燃料の9倍もするという記事だ。


  本来MOX燃料は「もんじゅ」の様な高速増殖炉で燃やして発電し、同時に燃えない劣化ウランをプルトニウムに変えて使う核燃料サイクルに一環として使われる予定だった。それが「もんじゅ」が事故続きで膨大な税金を投じたにもかかわらず、完成の見込みが立たず、海外に依頼した再処理によって取り出したプルトニウムが貯まりすぎたために、窮余の一策として一部の原発でプルサーマルとしてMOX燃料を燃やしてきた。そのMOX燃料がウラン燃料に比べて9倍の価格で、極めて割高ということは、資源の有効利用どころか税金と電力料金の浪費だ。


  安倍政権の原発回帰政策は安全性、経済性のどちらの面でも間違っている。

今日の一言 トップに戻る