パリのテロ事件


パリでの大規模テロ、許し難い事件だ。こうしたテロを無くするための短期、長期の方策を考える必要がある。短期的にはテロ対策の強化。しかし自国で生まれ育った 移民 や自国民が起こす事件を完全に予防するのは極めてむつかしい。

長期的、根本的には事件を起こす動機を分析し、動機自体をいかにすれば無くする事が出来るかを考えなければならない。

アメリカは9・11のテロ攻撃を受けて以降、アルカイーダをかくまっているとしてアフガニスタンの タリバン政権を攻撃し、倒した。さらにアルカイーダに関係しているとしてイラクのフセイン政権を攻撃し、倒した。このようにアメリカは軍事的には敵対勢力を打ち倒すことができたが、その後に安定した民主的政権を作ることはできなかった。 そして権力の空白地帯となったイラクやシリアにISが生まれ、拡大している。

解決策はもちろん簡単ではない。しかし、軍事的対応だけでは根本解決は難しい事を十分に考えて、長期的な対策を練るべきだ。

今日の一言 トップに戻る