原発を作った立場の意見


先日東工大応用物理学科1969年卒業の同期会に出席。もっとも私は4年生の時、留年したので1970年卒業。応用物理学科からは大学院で原子力関係に進んでいる人が結構いる。


  福島原発事故についていろいろな話を聞くことができた。原発を作った立場の技術屋の目からは、東電の事故対応についてかなり厳しい評価も出ていた。原発を作った専門家からは、事故当時、中央制御室を中心に何をどう判断し、それに対してどういう操作をしたのか、現在に至るまで正確に公開されていないという。


  最近の東電の態度は、事故当時原発の状況はきちんと把握できていた、といった言い方が増えている。しかし、メルトダウンの開始時期という極めて重大な事実を含め、当時現場では把握できておらず、東電本店も誰が技術的な指揮を執っていたのか明らかでない。


  福島原発事故の記憶が薄れないうちに、徹底的な事故の検証が今こそ必要だ。

今日の一言 トップに戻る