立憲の会構想


現在のところ 参院選で32の一人区の内、共産党以外の野党候補が決まっている選挙区は10程度。野党統一候補を擁立するにはまず各県ごとに「立憲の会(仮称)」を立ち上げることが重要。安保法制反対で共闘した弁護士会メンバーなど無党派の人が中心になることが好ましい。

連合も単産ごとに比例候補を抱えているので、各県での共闘組織には有志の形で参加する方が現実的だ。

1989年の連合の会も最初は難航したが、そのうち全国で各県が競い合う形で広がった。その結果連合の会と社会党で1人区26選挙区で23勝3敗という奇跡的結果を生み出した。統一候補擁立は比例選にも有利に働くことを考えて多少の矛盾はお互いに飲み込むことが必要だ。

今日の一言 トップに戻る