もんじゅなど核燃料政策の根本見直しが必要


  高速増殖炉「もんじゅ」の扱いが問題となっている。「もんじゅ」は、原発の使用済み燃料から再処理により取り出したプルトニウムを燃やして発電し、同時に燃料に使えない劣化ウランをプルトニウムに変えて、プルトニウムを“増殖”する夢の新型原子炉。しかし、発火しやすいナトリウムを使う極めて難しい技術のため、事故が続き、実際には全く稼動できていない。世界的にも日本以外の国は撤退している。


  最近政府は、“増殖”機能を取り除き、プルトニウムを燃やすだけの「高速炉」として存続させたいと提案している。プルトニウムが貯まりすぎているための対策だ。それなら初めから再処理をせず、使用済み燃料からプルトニウムを取り出さなければいいはず。


  「もんじゅ」にこれまでかかった税金は1兆円を超すといわれ、現在も維持管理だけで毎年200億円がかかっている。なぜこんな不合理な政策に巨額の税金が使われ続けているのか。これも原子力ムラの巨大利権の一つだからだ。


  現在使用済み燃料は再処理せずに直接処分するのが世界の趨勢。民主党政権の時にそのことを検討した。その時に青森県と自民党政府の間で過去に交わされた契約書が問題となった。つまり、再処理をしないのなら青森県が再処理の「原料」として受け入れている使用済み燃料を直ちに青森県の外に出すという約束だ。


  つまり、青森県は核廃棄物としての使用済み燃料は引き受けないという意味だ。この自民党政権下での約束が存在したために、再処理をやめるといった政策を直ちに進めることができなかった。


  核燃料政策全体の見直しが必要なことは誰の目にも明らか。河野太郎大臣はこの問題に精通しているはず。根本的改革を期待したい。

今日の一言 トップに戻る