必見、「日本と原発4年後」


河合弘之弁護士が監督した「日本と原発4年後」を見た。前作の「日本と原発」をさらに充実した内容で、原発推進派の人にこそ見てもらいたい。


元原子力委員長の近藤俊介氏、元原子力委員の木元教子氏など原発容認の人の意見も公平に扱っている。


原発の存在が人類という「種の保存」に脅威を与えているという認識が共有できれば結論は明らか。原発推進派の人は、電力会社や関連企業など狭い範囲の人の、ここ数年、せいぜい数十年の利益しか考えていない。残念なのは自民党の中にも小泉元総理と同じような考えの人がいるはずなのに、その声が聞こえてこない。


メルケル首相は保守党であっても脱原発にかじを切った。脱原発実現で言えば自民党に影響力を残している小泉さんにもう一度総理をやってもらいたいくらいだ。

今日の一言 トップに戻る