被災者支援団体「ゼムリャキ」


10月18日はキエフで「ゼムリャキ」といチェルノブイリ被災者団体と会った。被災者相互の支援を幅広くやっていて、福島原発の被災者とも交流しているそうだ。日本のヨガのグループが支援しており、精神的な面でもよい効果をあげていると聞いた。


 また環境・天然資源省大臣代行とも会い、意見交換をした。ウクライナでは原発は増やしたくないと考えているが、まだ電力の50%を原発に頼っている。再エネのポテンシャルは高いが、戦争状態にもあり、資金的な問題もあってエネルギー転換は進んでいないということだった。


  10月19日はいよいよチェルノブイリに出かける。

今日の一言 トップに戻る