チェルノブイリ博物館視察


 10月17日フランクフルトを出発し、ウクライナの首都キエフに到着。午後にはチェルノブイリ博物館を見学した。女性の館長が詳しく案内してくれた。その後館内の会議室で、事故当時チェルノブイリ原発で働いていた人などから話を聞く事が出来た。


  4号機の爆発は1986年4月26日午前1時で、突然の爆発であったという。福島原発事故の場合は全電源喪失から冷却機能の喪失そしてメルトダウンという過程を経たが、チェルノブイリ原発事故は人為ミスで核反応が暴走して突然の爆発になったもの。


  4号機の中心部が吹き飛んで火災を起こし、大量の放射性物質が外部に放出した。この時消火に当った消防士や原発の職員が急性被ばくで数十人亡くなったという。


  その後4号機を石棺で封じ込める作業にソ連軍の予備役の兵士が数十万人動員された。一人当たりの被ばくの影響を少なくするために数多くの兵士を動員したという。ウクライナ政府は動員された兵士やその子供、さらに放出された放射能で被爆した子供などを登録し、健康管理を続けている。


  館長は事故当時、近隣住民の子供たちへのヨウ素剤の投与が遅れた事を残念がっていた。福島原発事故でもヨウ素剤は自治体に配布されていたにもかかわらず、放射性物質がどの時点でどの程度流出するか、東電にも、政府の担当部局にも予測できず、ほとんどの地域で子供への事前の投与ができなかった。チェルノブイリ事故の教訓が生かせず、極めて残念であった。


  チェルノブイリ原発は4号機がこのような重大事故を起こしたにもかかわらず。1,2,3号機はその後も運転を続け、2000年ごろまでに順次停止されたという。今日18日は日曜日で現地視察ができないので、明日19日にチェルノブイリ原発の現地に視察に行く。

今日の一言 トップに戻る