両院議員懇談会


昨日は国会終了に先立って、民主党両院議員懇談会が開かれた。私も久しぶりに発言。


55年前の1960年の安保条約改定の時と今回の安保法反対の運動を比較し、安保法成立後も運動に参加した多くの国民は1960年の様な「挫折感」ではなく、「新しい運動の意欲」を示していると分析し、そうした国民的なエネルギーを地域ごとに受け止める運動が必要ではないかと述べておいた。


昨日は岡田代表と維新や共産党との党首会談も開かれた。政党再編や選挙協力の話し合いはもちろん重要だが、政党として地域に根差す運動が無くては強くなれない。


イギリスなど欧米の二大政党は地域に根差した政党になっている。日本でも政権交代可能なしっかりした二大政党制を実現するには、民主党も急がば回れで、地域中に根を張る活動が必要だ。今はそのチャンスでもある。

今日の一言 トップに戻る