自民党の変質


自民党総裁選は無投票で安倍総理の再選が決まった。かつての自民党では考えられない対応であり、自民党の変質、つまり自民党の大政翼賛政党化だ。


かつての自民党はタカ派的派閥やハト派的派閥存在し、それに総裁ポストをめぐる主導権争いが絡まって、いろいろな立場の議論が百出するのが常であった。それが第二次安倍内閣が誕生してからは、自民党内では安倍氏を野党時代に支えた日本会議を中心とする右翼勢力が党内の主導権を握り、それに反対するリベラルな意見は封殺されている。


安保法制では、歴代自民党の総理総裁が言明してきた「専守防衛」という憲法解釈を根本から覆す安倍総理に自民党内では誰も真正面から反論しない。自民党政権時代の歴代法制局長官も現職以外全員が安保法制が違憲といっているにもかかわらず、自民党内から異論が出ない。まさに自主規制を含む言論封殺の危険な大政翼賛政党化だ。


昨日開いた「安保法制と原発再稼働」の地元講演会でも100名を超える熱心な参加者があった。多くの国民が危機感を覚えている証拠だ。


日本全体が大政翼賛化しないように頑張らなければならない。  

今日の一言 トップに戻る